« 惜しい歴史web漫画たち:『飢えた太陽』と『ユギオ』 | トップページ | カンボジアにおけるエネルギー消費の状況(全体像) »

2013.09.26

ニール・ブロムカンプ『エリジウム』見てみましょうかね

今朝 昨日の朝,朝日新聞を読んでいたら「CM天気図」というコラムで天野祐吉ニール・ブロムカンプの映画『エリジウム』について触れていた。

時代は2154年。「エリジウム」というのは富裕層の住むスペースコロニーで,そこではどんな病気も治り,人々は優雅に暮らしている。一方,人類の99%は荒廃した地球に住んでいる。地球から理想郷「エリジウム」への不法移民を冷酷に阻止し続けているのが防衛長官デラコート(ジョディ・フォスター)である。彼女はエリジウム上層部の不法移民対策に手ぬるさを感じ,ある野望を抱いている。地球のロサンゼルスでは主人公マックス(マット・デイモン)が工場の事故により放射線を浴びてしまい,余命5日となる。マックスは治療を受けようとエリジウム侵入を企てる。・・・

というあらすじの映画である。まるで見たかのように書いているが,小生はまだ見ていない。見てから書けと言うご意見はごもっとも。

コラムによると,天野祐吉はかつて『ブレードランナー』を見て地球の荒廃・格差社会というものを強烈に感じたらしい。今回,『エリジウム』を見て再び,地球の荒廃・格差社会を感じたというが,現在の方がリアルで切実に感じたという話である。

天野祐吉のコラムだけだったら,『エリジウム』を見ようという気はあまり怒ら起こらなかったかもしれない。だが,先日購入した"WIRED Vol.9"でもかなりのページを割いて『エリジウム』に関する記事が掲載されていたので,相乗効果で,見ようという意思が高まってきた。

WIRED VOL.9 (GQ JAPAN.2013年10月号増刊)WIRED VOL.9 (GQ JAPAN.2013年10月号増刊)

コンデナスト・ジャパン 2013-09-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ちなみに"WIRED Vol.9"によれば,ニール・ブロムカンプもまた『ブレードランナー』が大好きだそうである。またまた偶然なのだが,小生は昨晩 つい先日,ずいぶん前にBSで放送していて録画しておいた(そして何回も見た)『ブレードランナー ファイナルカット』を見ていたわけである。「入り~日~,傾く~」

ブレードランナー ファイナル・カット 製作25周年記念エディション [Blu-ray]ブレードランナー ファイナル・カット 製作25周年記念エディション [Blu-ray]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-04-21
売り上げランキング : 9095

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『エリジウム』,『エリジウム』,『ブレードランナー』,『ブレードランナー』……

これだけ符牒のようなものが揃っているのだから『エリジウム』見てみましょうかね。

|

« 惜しい歴史web漫画たち:『飢えた太陽』と『ユギオ』 | トップページ | カンボジアにおけるエネルギー消費の状況(全体像) »

映画・テレビ・芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/58266827

この記事へのトラックバック一覧です: ニール・ブロムカンプ『エリジウム』見てみましょうかね:

« 惜しい歴史web漫画たち:『飢えた太陽』と『ユギオ』 | トップページ | カンボジアにおけるエネルギー消費の状況(全体像) »