« 安倍ちゃんの出席が五輪招致の勝因の一つ | トップページ | カンボジア,9月15日から野党デモの予定 »

2013.09.08

英企業,アサド政権にサリンの原料を輸出

2004年から2010年にわたって,英国の企業がアサド政権にサリンの原料,フッ化ナトリウムを輸出していたとの報道。英デイリーメール紙より:

"Britain sent poison gas chemicals to Assad: Proof that the UK delivered Sarin agent to Syrian regime for SIX years" (by Mark Nicol, DailyMail, Sep. 7, 2013)

フッ化ナトリウムはコスメ用途として輸出されたという話だが,アサド政権によってサリンの原料として流用されたという。

英国政府は2004年から2010年にかけて輸出許可を出していた。

意図の有無にかかわらず,英国がアサド政権を支えていたという構図である。

|

« 安倍ちゃんの出席が五輪招致の勝因の一つ | トップページ | カンボジア,9月15日から野党デモの予定 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英企業,アサド政権にサリンの原料を輸出:

« 安倍ちゃんの出席が五輪招致の勝因の一つ | トップページ | カンボジア,9月15日から野党デモの予定 »