« 1961年1月,米本土は核の炎に包まれた・・・かもしれなかった | トップページ | 亡くなってひと月:谷川健一『日本の神々』を読む »

2013.09.22

ジョアン・ペドロ・ロドリゲス (Joao Pedro Rodrigues)監督『男として死ぬ』を見てきた

ポルトガルの新星と呼ばれ,最近日本でも注目を浴びているジョアン・ペドロ・ロドリゲス (Joao Pedro Rodrigues)監督の映画をYCAMで見てきた(「ジョアン・ペドロ・ロドリゲス レトロスペクティヴ」)。

ジョアン・ペドロ・ロドリゲスは1966年リスボン生まれ。2000年に撮った処女長編『ファンタズマ (O Fantasma)』はヴェネチア国際映画祭で話題となった。2005年の作品『オデット (Odete)』はカンヌ国際映画祭インディペンデント映画部門特別賞。

で,小生が見てきたのは『男として死ぬ (Morrer Como Um Homem)』(2009年)である。

これは老いたドラッグクイーンのトニア(アントニオ)を描いた作品である。

トニアは息子ほどの年齢の男性,ロザリオと同棲しているが,ロザリオは薬漬け。トニアにはゼ・マリアという息子がいるが,軍で勤務中に同性愛者の同僚を射殺して逃走中。トニアはショーパブで働いているが,若手のドラッグクイーンに立場を脅かされつつある。ということでトニアは惨憺たる状況にいる。そこから話が展開していくがネタバレになるので以下省略。

うちのツマによれば『オール・アバウト・マイ・マザー』を彷彿とさせるらしい。小生はその映画見たことないけど。小生としては『ヨコハマ・メリー』を思い出した。いずれにせよ,ゲイの人は強く生きているなーと。


下の映像はジョアン・ペドロ・ロドリゲス監督へのインタビュー記録(An Interview with filmmaker Joao Pedro Rodrigues, October 5, 2010)。『男として死ぬ』についても触れている。

|

« 1961年1月,米本土は核の炎に包まれた・・・かもしれなかった | トップページ | 亡くなってひと月:谷川健一『日本の神々』を読む »

映画・テレビ・芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/58246132

この記事へのトラックバック一覧です: ジョアン・ペドロ・ロドリゲス (Joao Pedro Rodrigues)監督『男として死ぬ』を見てきた:

« 1961年1月,米本土は核の炎に包まれた・・・かもしれなかった | トップページ | 亡くなってひと月:谷川健一『日本の神々』を読む »