« 柴咲コウってタイ語できるんや | トップページ | 情熱大陸『田中慎弥』のディレクターは大島渚監督の次男 »

2013.01.15

新島襄はロシア人から英語を学んだ

今年の大河ドラマは『八重の桜』である。八重の夫・新島襄を演ずるのはオダギリジョーだが,『八重の桜』第二話では子役の演ずる幼児期の新島襄が登場した。幼名を七五三太(しめた)と言う。

その名の由来について,ドナルド・キーン『百代の過客<続>』ではこのような話を紹介している:

彼<新島襄>の説明によると,七五三太という珍しい名のおこりは,彼の祖父が,四人続けて孫娘が生まれたあと,やっと五人目に男の子が生まれたと聞いて,喜びのあまり,思わず「しめた!」と叫んだからだという。(『百代の過客<続>』,328ページ)

良くできた話なので,新島襄による作り話かもしれないし,そうではないかもしれない。

新島襄は江戸生まれで,14の頃からオランダ語を学んだ。二十歳のころ,友人から借りた日本語版の『ロビンソン・クルーソー』を読み,海外へのあこがれを強くしていった。

元治元年(1864年)4月下旬,新島襄は帆船に乗って江戸から箱館(函館)に渡った。武田斐三郎(あやさぶろう)の塾で英語を学ぶためである。しかし,武田は不在であった。

新島襄は失望したが,ある時,友人が箱館在住のロシア人司祭・ニコライを紹介してくれた。ニコライ司祭は,新島襄を日本語教師として雇い,自分のところに新島襄を寄宿させた。

そしてニコライ司祭は新島襄から日本語を学ぶ見返りに,英語のできるロシア人士官を呼び寄せ,新島襄に対する英語教育を依頼した。

こうして,新島襄はロシア人から英語を学ぶ,ということになったわけである。

ちなみに,新島襄がニコライ司祭の日本語教育に用いたテキストは,なんと『古事記』であった。

しかし,新島襄は6月には米船に乗り込み西回りで米国に向かうこととなる。

正味ひと月程度の箱館滞在中に,どの程度の英語を覚えたのか,それは甚だ怪しい。

|

« 柴咲コウってタイ語できるんや | トップページ | 情熱大陸『田中慎弥』のディレクターは大島渚監督の次男 »

日本神話」カテゴリの記事

映画・テレビ・芸能・アイドル」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/56543986

この記事へのトラックバック一覧です: 新島襄はロシア人から英語を学んだ:

« 柴咲コウってタイ語できるんや | トップページ | 情熱大陸『田中慎弥』のディレクターは大島渚監督の次男 »