« パオロ・バチガルピ『ねじまき少女』をどう読むか(1) | トップページ | パオロ・バチガルピ『ねじまき少女』をどう読むか(2) »

2012.05.21

【台湾旅行】淡水に行く

仕事がバタバタしていて長らく台湾旅行のレポートを放置してきたが,今日こそは淡水に行った話でも書こう。

GW前半に台湾に行ったわけだが,台湾3日目の夕方の自由時間にツマとMRT淡水線に乗って,淡水に出かけた。

宿泊先は承徳路三段にある「三徳大飯店(ホテルサントス)」だったので,その近くの民権西路駅からMRT淡水線に乗った。

Tamsui08

民権西路から淡水までは45元(だいたい130円)。30分~40分ぐらいで行ける。

Mrttamsui

MRTは切符ではなく,トークンを自動券売機で購入する。そしてこのトークンを無人改札機に接触させて入場する。

Tamsui09

台湾の街並みを眺めながらMRTで移動。

そうそう。台湾のMRTは飲食・喫煙全面禁止。
台湾の人々は総じてマナーがしっかりしている。大陸とは大違いである。

やがて淡水に到着。

Tamsui10

これが淡水駅の外観。

Tamsui06

月曜日だったが,わりと淡水を訪れる人が多かった。淡水線開通で,台北市民にとって身近な行楽地になったらしい。

Tamsui07

ここ(↓)は川沿いの道。かなりにぎやか。いかにも観光地という感じである。

Tamsui11

そして対岸には「淡水富士」こと観音山が見える。

Tamsuifuji

時間が限られているので,築100年の歴史を誇る「紅楼(Honglou)」を見に行く。

Honglou01

ここはレストランなので早めの夕食をとる。

ジュースを飲んだり,

Honglou02

海老を挙げたものとフルーツを盛り合わせた料理を食べたり,

Honglou03

していたら,いつの間にか日が暮れた。

Honglou04

あとは通りをウロウロしてレトロな風景を楽しんだり,

Tamsui01

Tamsui05

福佑宮というお寺を訪ねたり,

Tamsui03

Tamsui04

夜店が集まる賑やかな通りを歩いたりして過ごした。

Tamsui02

全体的に昭和の匂いが漂う街だった。年配の日本人にはたまらん風景かもしれない。

たこ焼き屋もあった。「章魚」は「タコ」,「小丸子」は「だんご」の意。「章魚小丸子」で「たこ焼き」という訳である。

Takoyaki

食べ歩きも楽しそうだったが,紅楼で沢山食べたのでこの時は断念。いずれまた再訪したい。

|

« パオロ・バチガルピ『ねじまき少女』をどう読むか(1) | トップページ | パオロ・バチガルピ『ねじまき少女』をどう読むか(2) »

中国」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/54764877

この記事へのトラックバック一覧です: 【台湾旅行】淡水に行く:

» Invincible FX 常勝為替トレード手法によるトレード履歴の配信 [Invincible FX 常勝為替トレード手法によるトレード履歴の配信]
常勝為替トレード手法を身近なものに! [続きを読む]

受信: 2012.05.21 19:00

« パオロ・バチガルピ『ねじまき少女』をどう読むか(1) | トップページ | パオロ・バチガルピ『ねじまき少女』をどう読むか(2) »