« 【台湾旅行】淡水に行く | トップページ | 台湾名物パイナップルケーキ:「なぜ美味しい?」「パン屋だから!」 »

2012.05.22

パオロ・バチガルピ『ねじまき少女』をどう読むか(2)

パオロ・バチガルピの『ねじまき少女』は,「ねじまき」(人造人間)のエミコと白シャツ隊隊長のカニヤという二人の女性が,他者によって翻弄される運命から自らを解放し,自らの人生を取り戻す物語である,というようにも読むことができる。


ねじまき少女 上 (ハヤカワ文庫SF)ねじまき少女 上 (ハヤカワ文庫SF)
パオロ・バチガルピ 鈴木康士

早川書房 2011-05-20
売り上げランキング : 101806

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ねじまき少女 下 (ハヤカワ文庫SF)ねじまき少女 下 (ハヤカワ文庫SF)
パオロ・バチガルピ 鈴木康士

早川書房 2011-05-20
売り上げランキング : 111942

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

エミコとカニヤとはついに相まみえることがなかったが,それぞれ,歴史を大きく動かす存在となった。

エミコはソムデット・チャオプラヤを殺害することによって,タイの政局を後戻りのできない状況に追い込んだ。カニヤは最後の最後にタイ人としてのアイデンティティに目覚め,カロリー企業の手からタイを守った。


タイの歴史を紐解くと,女性が危機に瀕した国家を救うという場面にしばしば出くわす。そういうことを梅棹忠夫が『東南アジア紀行』に記している。例えば,ビルマ・タウングー王朝のバインナウン王との戦いの中,アユタヤ朝のチャクラパット王を救った王妃シースリヨータイ。また,ヴィエンチャン王チャオ・アヌ(アヌヴォン)の侵攻からコーラートを守ったスラナーリー。

タニヤもまた,これらの女性たちの系譜に連なる者であり,『ねじまき少女』はタイらしい児女英雄伝説であると見ることもできよう。

東南アジア紀行 (上巻) (中公文庫)東南アジア紀行 (上巻) (中公文庫)
梅棹 忠夫

中央公論新社 1979-01
売り上げランキング : 95218

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 【台湾旅行】淡水に行く | トップページ | 台湾名物パイナップルケーキ:「なぜ美味しい?」「パン屋だから!」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

東南アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/54769884

この記事へのトラックバック一覧です: パオロ・バチガルピ『ねじまき少女』をどう読むか(2):

« 【台湾旅行】淡水に行く | トップページ | 台湾名物パイナップルケーキ:「なぜ美味しい?」「パン屋だから!」 »