« 児玉源太郎は二○三高地陥落にどのくらい貢献したか?(2):伝記に見る児玉源太郎の行動 | トップページ | 鳥居哲男『清らの人 折口信夫・釈迢空』を読む »

2011.12.17

YCAMで坂本龍一を見てきた

昨晩(12月16日(金))はYCAM(山口情報芸術センター)で坂本龍一の「ダイアローグ&コンサート: 2050年から見る環境と芸術の未来」を見てきた。

YCAMで坂本龍一を見てきた

YCAMは2013年に開館10周年を迎える。来年4月,記念事業を監修するアーティスティック・ディレクターに坂本龍一が就任するということで,今回,このようなイベントが実施されることになった。毎日新聞によるとキョージュは15日に山口市の渡辺純忠市長を表敬訪問したらしい。田舎のビッグニュースである。


生のキョージュを見るのは初めてなのでワクワクしながらロビーで待っていると,会場で準備作業中のキョージュの後姿を見ることができた。

三枚のガラスを通過して見えるので,明確にはわかりにくいが,それでも白髪の人物が確認できる。

YCAMで坂本龍一を見てきた

さらに拡大したところ。坂本龍一キョージュがグランドピアノをのぞきこんでいる:

YCAMで坂本龍一を見てきた

「ダイアローグ&コンサート」は二部構成で,前半は京都造形芸術大学教授で文化人類学者の竹村真一氏(ちなみに政治評論家竹村健一氏の長男。以下敬称略)との対談(ダイアローグ),後半はSachiko Mとの協演である。


ダイアローグ:

竹村真一との対談は,対談のタイトルを忘れているぐらいのゆるーい感じで始まったが,「スコラ:音楽の学校」でもおなじみの「音楽150年周期説」の話をした後,「人類幼年期の終わり」とか,「地球と生物の共進化」とか,「interspeciesの対話」とか,「メルカトル図法からの脱却」とか,地球環境論と認識論とコミュニケーション論と進化論とを組み合わせた話題に熱が入り,大幅に予定時間をオーバー。

竹村慎一が「ここままだと12時を過ぎる」と苦笑したのに対し,坂本龍一は「今夜は飲もう!」と冗談を飛ばし,会場は笑いに包まれた。


コンサート:

Sachiko Mがサンプラーのテスト・トーン用サインウェーブとスイッチングノイズを使って演奏をするのに対し,坂本龍一はグランドピアノを使って内部奏法(弦をはじいたりこすったりして演奏する)と通常奏法(鍵盤で演奏)とで演奏していた。

演奏の後半,サンプラーのテスト・トーンが雅楽で使う笙の音のように聞こえてきて面白かった。


   ◆   ◆   ◆


「ダイアローグ&コンサート」自体は大変良かったと思う。あと,Ustreamを導入していて感心した。

しかしながら,スタッフによる入場時の観客の誘導の仕方は落第点。

「200番から300番の方」とか言って観客を集めた上で,また押し戻して200番から1人ずつ整列し直させたり,何してるんだろうと思った次第。レーンを作っておいて,「番号順に並んでください」とでも言って,客たちに任せておいた方がスムースだったんじゃないかと思う。

イベントと言うのは,内容に関するプロデュース&ディレクト能力だけではだめで,ロジスティック能力も必要なのだというのが改めてわかる。YCAMは芸術系の人材だけでなく,管理系の人材も集めたらどうか?

|

« 児玉源太郎は二○三高地陥落にどのくらい貢献したか?(2):伝記に見る児玉源太郎の行動 | トップページ | 鳥居哲男『清らの人 折口信夫・釈迢空』を読む »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/53500419

この記事へのトラックバック一覧です: YCAMで坂本龍一を見てきた:

« 児玉源太郎は二○三高地陥落にどのくらい貢献したか?(2):伝記に見る児玉源太郎の行動 | トップページ | 鳥居哲男『清らの人 折口信夫・釈迢空』を読む »