« Harun Farocki映画漬け | トップページ | 梅棹『東南アジア紀行』の時代(1) »

2011.11.08

梅田再開発やりすぎ?

某仕事で久々に大阪・梅田に行ってきたのだが、再開発が進みすぎて浦島太郎状態。

そもそも,あの小汚かった大阪駅が,大屋根が乗っかって空港のようになっているのでびっくりした。リニューアルオープンの情報は知っていたが,実際に見ると,やっぱり想像を超えている。

梅田再開発やりすぎ?

梅田再開発やりすぎ?

もっと驚いたのが大阪駅北地区の再開発。貨物駅がこんなビル群になるとは。
いわゆる「グランフロント大阪(GRAND FRONT OSAKA)」開発事業である。

梅田再開発やりすぎ?

しかし,某事情通にお聞きすると,すでにいろいろ暗雲が立ち込めているとか。

某ゼネコンは売上至上主義,つまりはキャッシュ欲しさに大赤字で受注しているという。

また,巨大ビル群を埋めるに足るテナントが確保できない可能性が大きいという。そういえば,先行して建設された大阪駅周辺のオフィスビル群をみると,電灯がついていない部屋が圧倒的に多い。現状の家賃が高くて,借り手が家賃が下がるまで様子見をしているということもあるだろうし,そもそも駅周辺のオフィスが供給過剰ということもあるだろう。

再開発が一段落した時に本当のことがわかる。

|

« Harun Farocki映画漬け | トップページ | 梅棹『東南アジア紀行』の時代(1) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/53193046

この記事へのトラックバック一覧です: 梅田再開発やりすぎ?:

« Harun Farocki映画漬け | トップページ | 梅棹『東南アジア紀行』の時代(1) »