« ブログでPMVの計算を | トップページ | Rでカンボジアの塗り分け地図を作る »

2011.11.24

セリフなしのギャロが逃げる逃げる

YCAMで映画を見てきた。

イエジー・スコリモフスキ監督,ヴィンセント・ギャロ主演『エッセンシャル・キリング』(Essential Killing):

Essentialkilling

あらすじ

アフガニスタンの兵士(※1)に扮したヴィンセント・ギャロが米軍の捕虜になる。移送途中の雪山で輸送車が横転事故を起こし,ギャロは逃走。そのあとは雪深い森林をひたすら逃げ続ける,という話。

ギャロ演ずる捕虜は決していい人というわけではなく,必要とあれば一般人もバンバン殺していく。

途中,何度か叫ぶシーンはあるが,ギャロのセリフは一切なし。

イスラエル,ポーランド,ノルウェーでロケを行ったという話だが,雄大な極地の風景には息をのむ。特に森林や雪原の中を逃亡するシーンを見ていると,こちらの手足が凍りつくかのような気持ちがしてくる。

イエジー・スコリモフスキが「ランボー」とタルコフスキーを足して割ったような作品と言っているそうだが,むべなるかな。


※1: チラシにはアラブ人兵士と書かれているが,女性のブルカがアフガニスタンのパシュトゥン族風なので,たぶんアフガニスタンの兵士をイメージしているのだと思う。


不思議なところが2点ある。

(1) いったいどこなんだ?
ギャロ演ずる捕虜は米軍による輸送中に逃走したわけだが,森林地帯で現れる登場人物たちはポーランド語ないしロシア語を話している。

まあ,ドキュメンタリーではないから地域を特定する必要はないが。


(2) 予知夢?
ギャロ演ずる捕虜は雪の中で何回か居眠りする。そのときに見る夢は主として過去の記憶で構成されているのだが,一部だけ,夢を見た後で起こる出来事が混じっている。

例えば,木こりのおじさんを殺害するシーンとか,血を流しながら馬に乗って移動するシーンとか。

これらは予知夢だろうか?


第67回ヴェネチア国際映画祭,審査員特別賞,最優秀男優賞受賞作。

|

« ブログでPMVの計算を | トップページ | Rでカンボジアの塗り分け地図を作る »

映画・テレビ・芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/53322585

この記事へのトラックバック一覧です: セリフなしのギャロが逃げる逃げる:

« ブログでPMVの計算を | トップページ | Rでカンボジアの塗り分け地図を作る »