« ただいま、地球 | トップページ | The Eyewriter 2.0で遊んできた »

2011.10.27

森川穣『此方』

またまた、第24回UBEビエンナーレの作品を紹介する。

森川穣『此方』。

弧を描くように曲げられた巨大な鉄板が,黒い内表面を見せながら鎮座している。

森川穣『此方』

よくよく見ると,ちょうど目の高さに無数の穴が横一直線にうがたれているのがわかる。

森川穣『此方』

これらの穴を通して常盤湖を見るのか。あるいは,常盤湖の表面の輝きがこれらの穴を通してこちらにとどくのか。

作者,森川穣のことば:

「初めてときわ公園を訪れた際,もっとも印象的だったのは,常盤湖に反射する眩い光だった。」
「私はこの彫刻たちを照らす光こそ,作品にしたいと思った。」

|

« ただいま、地球 | トップページ | The Eyewriter 2.0で遊んできた »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/53095407

この記事へのトラックバック一覧です: 森川穣『此方』:

« ただいま、地球 | トップページ | The Eyewriter 2.0で遊んできた »