« タイ総選挙:インラック旋風,タクシン派の圧勝,下院過半数制覇,クーデターの予感? | トップページ | そういえば,今日からマレーシア »

2011.07.04

タイ総選挙:一夜明けてインラック,首相への道/タクシン派圧倒的勝利とは言えず

昨日の記事に書いた,タイ総選挙の出口調査の結果は少しオーバーだったようだ。

Bangkok Postに開票結果が出ている(499議席まで確定)が,タイ貢献党(Puea Thai)は結局,265議席を獲得したということである。Suan Dusit大学の推計値は313議席だったから,ずいぶんと開きがあるが,それでも過半数を制したわけである。

20117thai

対する民主党は159議席で,出口調査の結果に基づくSuan Dusit大学の予測値152議席,アサンプション大学の予測値132議席よりは多い。

出口調査の結果はインラック旋風に惑わされた感があり,タイ貢献党の地すべり的勝利を示していたのだが,実際の結果は先日の記事に示した2007年12月の総選挙の結果にかなり近いものがある(タクシン派が過半数か否かという違いはあるが)。

200712thai

つまり,タイ貢献党は一応勝利したとはいうものの,軍や憲法裁判所などの従来支配層の圧力を跳ね除けるに足るほどの圧倒的な勝利をおさめられなかったといえるのではないだろうか?

実際,タイ貢献党は自党の力だけでは安心できないようで,The Nationの記事によると,タイ貢献党は,国民発展党(Chart Thai Pattana),国家貢献党(Chart Pattana Puea Pandin),臣民党(Palan Chon)等と連立を組み,300議席以上を確保したいようである。

あとは,インラックがタクシン問題をどう取り扱うかが焦点である。一つ間違えば,タイの政治と経済は以前と同じ混乱に陥るだろう。

|

« タイ総選挙:インラック旋風,タクシン派の圧勝,下院過半数制覇,クーデターの予感? | トップページ | そういえば,今日からマレーシア »

東南アジア」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/52118934

この記事へのトラックバック一覧です: タイ総選挙:一夜明けてインラック,首相への道/タクシン派圧倒的勝利とは言えず:

« タイ総選挙:インラック旋風,タクシン派の圧勝,下院過半数制覇,クーデターの予感? | トップページ | そういえば,今日からマレーシア »