« ドナルド・キーン,日本永住へ | トップページ | 【東京電力の電力需要と気温の関係】 夏場は1℃上昇で150万kWの需要増 »

2011.04.08

こんな時代だから読むべき本:五木寛之『他力』(講談社文庫)

「BSアーカイブス ハイビジョン特集 五木寛之21世紀・仏教への旅」というドキュメンタリーが連日放送されている。

今日放送されたのはシリーズ5回目である。9.11テロ事件の経験を引きずっているアメリカを旅しながら,「他力」「悪人正機」といった親鸞の思想の現代における可能性を探るという話である。

このドキュメンタリーで取り上げられたのが,五木寛之の著書『他力』である。法然・親鸞・蓮如らの思想のコアである「他力」の概念をベースに,現代を生きるためのヒントをつづった本である。

他力 (講談社文庫)他力 (講談社文庫)
五木 寛之

講談社 2000-11-06
売り上げランキング : 138

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アメリカでは9.11のテロの後,『他力』に加え,『生きるヒント』『大河の一滴』『人生の目的』のエッセンスが凝縮された"TARIKI"が出版された。同著は多くのアメリカ人に受け入れられ,2002年度ブック・オブ・ザ・イヤー(スピリチュアル部門)を受賞した。

Tariki: Embracing Despair, Discovering PeaceTariki: Embracing Despair, Discovering Peace
Hiroyuki Itsuki

Kodansha Amer Inc 2004-07
売り上げランキング : 669528

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日本語版の同書の一説にはこのような言葉が書かれている:

私たちがいま目の前にしている世界は,国家と社会の危機だけではありません。私たちは,誰もが「精神的,または心理的に重大な危機」に直面しているという実感を抱いて生きているはずですから。(『他力』,22ページ)
つまり私たちはいま,外側からも,内側からもまさに二重の<非常時>に直面していると言うべきかもしれません。(『他力』,23ページ)

この本が書かれたのはもちろん震災よりも前なのだが,戦後最大という非常時を迎えた今こそ読むべき本だろうと思う。

|

« ドナルド・キーン,日本永住へ | トップページ | 【東京電力の電力需要と気温の関係】 夏場は1℃上昇で150万kWの需要増 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/51335168

この記事へのトラックバック一覧です: こんな時代だから読むべき本:五木寛之『他力』(講談社文庫):

« ドナルド・キーン,日本永住へ | トップページ | 【東京電力の電力需要と気温の関係】 夏場は1℃上昇で150万kWの需要増 »