« 【ラオス】お寺詣り(Wat Si Saket) | トップページ | 【ラオスから】帰ってきました »

2011.02.22

【ラオス】お寺詣り(Wat Ho Phakeo / Haw Pha Kaeo)

一昨日は,ワット・シー・サケート(Wat Si Saket)に詣でた後,ワット・ホー・パケオ(Wat Ho Phakeo / Haw Pha Kaeo)にも詣でた。ワット・ホー・パケオは大統領宮殿のすぐ隣である。ここも拝観料は5,000kip,55円ぐらい:

Wathophakeo01

1565年,ランサーン国王セータティラート(Setthathirat)がルアンパバーンからヴィエンチャンに遷都する際,かの有名なエメラルド仏を祭るために建立したのが始まりだそうだ。

ワット・シー・サケートに比べると全然デカい:

Wathophakeo02

屋根の上に乗っているのは昨日も紹介した鶏頭ナーガである。

さて,エメラルド仏は現在はこの寺には存在しない。というのも,1779年,シャム(トンブリー朝)がヴィエンチャンに侵攻した際,シャムに持って行かれたためである。

トンブリー朝の将軍であり,チャクリー朝の創始者であったラーマ一世はエメラルド仏をバンコクのワット・プラケーオ(名前がほとんど一緒)に祭った。以来,現在に至るまで,チャクリー朝の守護仏として祭られている。

ワット・ホー・パケオの方はどうなったかというと,昨日の記事に書いたように,1828年のシャム軍のヴィエンチャン侵攻に遭って破壊されてしまった。

現在の本殿は1936~42年にフランスの援助で再建されたものである。オリジナルに基づいて再建されたというが,Lonely Planetによると,どちらかというと19世紀のシャムの建築に近いのだそうだ。

本殿は現在は歴史博物館になっており内部の撮影は禁止。なので外側だけ写真を撮った。

↓これは本殿に上がるための階段。鶏頭ナーガが守っている:
Wathophakeo03

↓本殿の軒下に安置された仏像群:
Wathophakeo04

ちなみに本殿に上がる時には靴を脱ぐ。

本殿の裏にはこのような装飾がある:
Wathophakeo06

あと本殿の裏を狛犬が守っていた:
Wathophakeo05

これは鶏頭狛犬とでも言うの?

こういう寺院は物凄く面白いわけではないけど,東南アジアに来た!という気持ちにはなれる。

Lonely Planet Laos
Lonely Planet LaosAustin Bush Mark Elliott

Lonely Planet 2010-12
売り上げランキング : 14368


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 【ラオス】お寺詣り(Wat Si Saket) | トップページ | 【ラオスから】帰ってきました »

東南アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/50937081

この記事へのトラックバック一覧です: 【ラオス】お寺詣り(Wat Ho Phakeo / Haw Pha Kaeo):

« 【ラオス】お寺詣り(Wat Si Saket) | トップページ | 【ラオスから】帰ってきました »