« Lao Textilesに行ってみた | トップページ | 【ラオス】お寺詣り(Wat Si Saket) »

2011.02.20

【ラオス】今年もThat Damを見てきた

ヴィエンチャン滞在中は必ず様子をうかがいに行くのが,タート・ダム(That Dam)=黒い塔である。

Thatdam01

あいかわらず閑散としている。

完全に放置されているかというとそうでもなく,一応,信仰心の篤いラオス人によって花がささげてあったりする。

Thatdam02

この塔の由来は良く分かっていないが,Lonely Planetによれば,ランナー朝~ランサーン朝初期に建てられたのだろうと言われている。

また,かつては金に覆われていていたが,1828年,シャムによる侵攻の際にそれらの金は持ち去られ,現在の黒い塔となったのだと言われている。

また,他には,この塔は7つの頭を持つ竜のすみかで,その竜は1828年のシャム侵攻の際にヴィエンチャン市民を守ったとかなんとかいう,黄金の塔の伝説と全然関係ない伝説もある。

Lonely Planet Laos
Lonely Planet LaosAustin Bush Mark Elliott

Lonely Planet 2010-12
売り上げランキング : 14368


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« Lao Textilesに行ってみた | トップページ | 【ラオス】お寺詣り(Wat Si Saket) »

東南アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/50922619

この記事へのトラックバック一覧です: 【ラオス】今年もThat Damを見てきた:

« Lao Textilesに行ってみた | トップページ | 【ラオス】お寺詣り(Wat Si Saket) »