« 御手洗会長は自民党支持の姿勢を貫徹したらどうだい? | トップページ | 【ANA飲料サービス有料化】いつまでもタダと思うなお飲み物 »

2010.01.27

【広域行政体】「橋下知事の『大阪府・市』解体再編構想」【やるべし】

橋下知事が『大阪府・市』解体再編構想をぶち上げたそうである:「橋下知事の「大阪府・市」解体再編構想が波紋」(2010年1月27日、読売新聞)

小生としてはいいと思いますよ、これ。

「道州制」ってのは実現性に乏しい感じがするのだが(例えば、山口県の場合、九州に入るのか中国に入るのかで大揉めに揉めるであろう)、「広域行政体」を作るというのは、都道府県制度と道州制の間にある、比較的とっつきやすい構想だと思う。

大阪府は域内に大阪市と堺市という政令指定市を抱えていて、実は予算も権限も強くない。府も市も中途半端な力しかもっていないというのが現状。だったら、両者合併して重複するものを削り、効率化して、権限も財力も強化した方がよい。

おなじようなことは大阪に限らず、あちこちでできるだろうと思う。たとえば「関門特別市」とか。->そうしたら山口宇部空港と北九州空港の一元化もできたりして:「宇部空港の乗降客数

本ブログでの関連記事:

|

« 御手洗会長は自民党支持の姿勢を貫徹したらどうだい? | トップページ | 【ANA飲料サービス有料化】いつまでもタダと思うなお飲み物 »

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/47402869

この記事へのトラックバック一覧です: 【広域行政体】「橋下知事の『大阪府・市』解体再編構想」【やるべし】:

« 御手洗会長は自民党支持の姿勢を貫徹したらどうだい? | トップページ | 【ANA飲料サービス有料化】いつまでもタダと思うなお飲み物 »