« 次世代スパコン不用(不要)論 | トップページ | 【用語問題】心は折れるものなのか? »

2010.01.13

映画「アバター」見てきた

月曜日に宇部の「シネマ・スクエア7」に行き、話題の映画、「アバター」(3D字幕版)をツマと見てきた。

本来は日曜日(1月10日)の夜9時上映分を見ようと思っていたのだが、満席でアウト。その場で翌日昼12:30からの上映分を予約したのである。

アバターの詳しい内容は公式ホームページWikipediaを見てもらうこととし、小生の感想だのメモだのを短く記す:

  • まず技術革新がすごい。CGと3Dの技術はもはやここまで来たのかという感じ
  • ただし、配布される3Dメガネはレンズが汚れていることがあり、ちゃんとフキフキしてから見ないと、画面に霞がかかって見えるので注意
  • ストーリーは単純(資源を狙う人類(スカイピープル)、悪い奴。衛星パンドラの自然と調和して暮らす先住民ナヴィ、いい人たち)だがエンターテイメントなんだからそれで良い
  • 先住民たちとの交流という点では「ダンス・ウィズ・ウルブズ」を、開発により脅かされる先住民という点では「エメラルド・フォレスト」を思い出した
  • エイリアン物といえば、大御所のシガニー・ウィーバーが研究責任者グレースとして登場
  • 人類は常温超電導物質アンオブタニウム(1キロあたり2000万ドル)が欲しくて先住民を追い払おうと思っている
  • 衛星パンドラの岩山が空中に浮いていたりするのは、超電導マイスナー効果のせいらしい

資源開発会社の傭兵隊(海兵隊)が発射したガス弾が飛んできたときは、おもわず避けてしまった。

|

« 次世代スパコン不用(不要)論 | トップページ | 【用語問題】心は折れるものなのか? »

映画・テレビ・芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

私は乗り物酔いをするのですが(特に船酔い)、その3Dメガネはそこんとこ大丈夫でしょうか?
ちなみに陸から双眼鏡で波を見ても酔います。
私の三半規管のふらつき具合は半端ないようです。

この監督はタイタニックでも有名なのですが、一生に2度も当てるってすごいですよね。

投稿: おじゃまします | 2010.02.21 00:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/47279411

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「アバター」見てきた:

« 次世代スパコン不用(不要)論 | トップページ | 【用語問題】心は折れるものなのか? »