« 【ビジネス用語?】「では」の守【でわのかみ】 | トップページ | 『マンキュー経済学』を読む »

2009.03.31

千葉県知事選と「民主逆風」は無関係

だと小生は思っている。

先日行われた千葉県知事選では森田健作氏が勝利した。民主党が推薦した吉田平氏は振るわず、大差で敗れた。小沢代表の資金管理団体問題が吉田平氏にとっての逆風になったのではないかとマスコミは述べている。しかし、そうだろうか?

まず、今回の結果を見てみる:

投票率:45.56%
(当日有権者数:4,943,809人、投票者数:2,252,177人)

1位 森田健作氏:無所属新(1,015,978票)  
2位 吉田 平氏:無所属新・民社国日推薦(636,991票)
3位 白石真澄氏:無所属新(346,002票)


森田氏の圧勝は明々白々。しかし、この結果はもともと森田氏が人気のある候補だったから当然なのでは?というのが小生の考え。

前回、2005年3月13日の千葉県知事選挙では現職(当時)の堂本暁子氏が当選し、森田健作氏は敗れた。しかし、その投票数を見ると、堂本氏の勝利は薄氷を踏むようなものだったのである。

投票率:43.28%
(当日有権者数:4,836,033人、投票者数:2,093,076人)

得票数
1位 堂本暁子氏:無所属現(960,125票)
2位 森田健作氏:無所属新(954,039票)
3位 山田安太郎氏:無所属新(162,684票)

森田氏はわずか6,086票差で惜敗。見方を変えると森田氏は95万票余りも獲得しており、もともと知事になってもおかしくないと言えるだけの支持を得ていたと考えられる。

今回(2009年)の投票率は前回(2005年)よりも伸びているし、有権者数も増えている。このことを勘案して、前回の森田氏の得票数から今回の得票数予測値を出してみよう:

(前回森田氏得票数:954,039票)×(今回投票者数:2,252,177人)/(前回投票者数:2,093,076人)=(今回森田氏得票数予測値:1,026,558票)

あらら、1%の誤差で今回の得票数が予測されてしまった。予測といっても後知恵なんだけど。

この計算結果だけをもとに論じるのは乱暴だと思うが、小生としてはこのように考える:

森田健作氏に対する支持層の大きさは2005年から全然変わっておらず、対立候補が力を分散させてしまっただけ。小沢代表の問題があってもなくてもこの結果になっただろうと。

|

« 【ビジネス用語?】「では」の守【でわのかみ】 | トップページ | 『マンキュー経済学』を読む »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千葉県知事選と「民主逆風」は無関係:

« 【ビジネス用語?】「では」の守【でわのかみ】 | トップページ | 『マンキュー経済学』を読む »