« 【Wikipedia】バイデン副大統領の記事がチェイニー前大統領の記事より充実している件 | トップページ | 日立製作所のセグメント別営業損益の推移(2001年3月期~2009年3月期<見込み>) »

2009.01.31

日立製作所の連結純損益の推移(1998年3月期~2009年3月期<見込み>)

またまた不景気の感を強くするニュースが昨日飛び込んできた:
「2009年3月期業績予想の修正と今後の業績改善施策について(2009年1月30日、日立製作所)」

連結で7000億円の損ってどういうことよ?という話である。そういえば1999年3月期も2002年3月期も物凄い赤字が出ていたはず、と思って日立製作所の連結純損益の推移を調べてみた(同社決算短信に基づく):
Hitachinetincome

 1998年3月期: 34億7700万円
 1999年3月期: -3387億9400万円 (東南アジア経済危機、DRAM、システムLSI低迷)
 2000年3月期: 169億2200万円
 2001年3月期: 1043億8000万円 (米国経済高成長維持、アジア・欧州経済堅調)
 2002年3月期: -4838億3700万円 (911同時多発テロ、世界経済減速、半導体需要減少)
 2003年3月期: 278億6700万円
 2004年3月期: 158億7600万円
 2005年3月期: 514億9600万円
 2006年3月期: 373億2000万円
 2007年3月期: -327億9900万円
 2008年3月期: -581億2500万円
 2009年3月期見込み: -7000億円 (世界金融危機、自動車機器、半導体関連大幅減収)

ここ10年ほどで純益が1000億円を超えたのは2001年3月期(2000年4月1日~2001年3月31日)だけ。あとは微々たる利益か巨額の赤字のどちらかである。経済状況との関連性を見ると、好況では反応が鈍く、不況では過剰反応、という傾向が見られる。

巨額の赤字を出したときの状況を見ると、まず半導体需要の減退が大きな影響をもたらしている。そして、今回は自動車機器が輪をかけた様子である。ここ10年ほどの結果として半導体はハイリスク・ローリターンだからもうやめたら?と言いたい。

日立の10年にわたる壊滅的な状況は誰に責任があるのか、というとなかなか難しい問題だが、庄山悦彦社長就任(1999年4月)の直前から始まっているということだけは明らかである。

|

« 【Wikipedia】バイデン副大統領の記事がチェイニー前大統領の記事より充実している件 | トップページ | 日立製作所のセグメント別営業損益の推移(2001年3月期~2009年3月期<見込み>) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日立製作所の連結純損益の推移(1998年3月期~2009年3月期<見込み>):

» 株式会社 日立製作所 [スウィートストア]
日立、7000億円の最終赤字日立製作所は1月30日、2009年3月期の連結業績予想(米国会計基準)を下方修正し、7000億円の最終赤字に転落する見通しだと発表した。従来は150億円の黒字を見込んでいたが、昨年11月以降の急速な需要減少や円高の影響を受けた。業績改善に向け、7000人の ...(続きを読む) 日立製作所の連結純損益の推移(1998年3月期~2009年3月期<見込み>)またまた不景気の感を強くするニュースが昨日飛び込んできた: 「2009年3月期業...(続きを読む) 日立製作... [続きを読む]

受信: 2009.02.06 01:19

« 【Wikipedia】バイデン副大統領の記事がチェイニー前大統領の記事より充実している件 | トップページ | 日立製作所のセグメント別営業損益の推移(2001年3月期~2009年3月期<見込み>) »