« 安易に環境・農業を証券化するな | トップページ | 正月大忙しの巻 »

2008.12.27

【年末風物詩】ひょうたんツリーとお色気大根

殺伐とした記事ばかりではいかがなものかと思い、愛読紙「宇部日報」に掲載された風物詩を紹介する。

1.ひょうたんツリー(2008年12月2日、宇部日報)
飯島由三さん(78)がひょうたんを材料に仕上げたクリスマスツリーを須恵公民館で公開。
02
飯島さんは全日本愛瓢会の会員だという。そういう会があるとは知らなんだ。
クリスマスもいまや日本の伝統行事。これからは国産の瓢箪でつくりましょう。

2.お色気大根(2008年12月15日、宇部日報)
新天町の飲食店「おむすび一茶」で人の形をした大根が人気を呼んでいる。
02_2
マジックで顔を描いている・・・。長らく飾っていたので「”看板娘”はいささか疲れ気味」だったとか。経営者生田さんのコメント「お肌の曲がり角かしら。店内での会話が弾むので、もう少しがんばって」。
で、食べたの?

|

« 安易に環境・農業を証券化するな | トップページ | 正月大忙しの巻 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/43546163

この記事へのトラックバック一覧です: 【年末風物詩】ひょうたんツリーとお色気大根:

« 安易に環境・農業を証券化するな | トップページ | 正月大忙しの巻 »