« レゴ(LEGO)は単なるおもちゃでない | トップページ | 【昭和テイスト】リコホテル »

2008.11.11

シカゴ・トリビューンにノッチがジャパニーズ・オバマとして出ている件

見逃したのだが,「悪魔の契約にサイン」とかいう番組で,ノッチがオバマ候補(当時)に扮して,ご本人に会いに行ったとのこと.

で,結局会うことに成功したということだが,その件はちゃんとシカゴの新聞,シカゴ・トリビューンに取り上げられていた:"Meet the Japanese Obama"(Chicago Tribune, October 28, 2008)

どうでもいいけど,ノッチの本名がNozomu Satoであることはこの記事読んで初めて知った.

Sato doesn't understand 99 percent of what they say. What little English he speaks he pieced together from CNN.

とか

Nozomu Sato owes much of his 2008 income to Barack Obama.

なんて書かれているが,まあ全体として好意的だと思う(面白がられているが).

思い出したけど,失言しかしないことで有名なベルルスコーニ首相(イタリア)は「オバマ氏は日焼けしていてうらやましい」とか言ったとか.

かつて,えのきどいちろう氏にDIME紙上で「イタリア人は世界一バカ」※と言われ騒動になったことがあるが,この話,また復活するかも.

※その理由は,(1)陽気すぎる,(2)ストライキが多い,(3)デブ゙が多い,等など.

|

« レゴ(LEGO)は単なるおもちゃでない | トップページ | 【昭和テイスト】リコホテル »

映画・テレビ・芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

納得です。
まぁ、ロッキー(映画)の際に、通り名を「イタリアの種馬」にして強そう?と感じる民族ですからねぇ~
世界中の民族として平均(均衡状態)を保つために・・・
陽気・陰気、繊細・おおらか、なんて民族の独自性が保たれるんでしょうね~
マックスウェルの悪魔 が、陽気な民族をラテンに集めたのかもしれませんが...

投稿: 娘が堀北真希ならなぁ | 2008.11.14 06:58

私、その番組観ました!!
ノッチのファンでもなんでもないですが、オバマ候補(当時)に会う為の根性、我慢強さ、忍耐に、無事対面できた時思わず拍手しましたよ。
Yes, we can!

投稿: おじゃまします | 2008.11.20 12:55

記事にも書いたように,ノッチは2008年の収入のほとんどをオバマネタで得ているわけです.ですから,オバマ氏に会うためには全力投球になるわけですよね.

ベルルスコーニ発言は「またか」「やはり」という感じ.イタリア人って本当に能天気なのだなーと思います.ジローラモみたいな人だらけなのだろうか?

投稿: fukunan | 2008.11.21 12:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/43082639

この記事へのトラックバック一覧です: シカゴ・トリビューンにノッチがジャパニーズ・オバマとして出ている件:

« レゴ(LEGO)は単なるおもちゃでない | トップページ | 【昭和テイスト】リコホテル »