« 今年もクロックス社の便所サンダルが話題に | トップページ | 結局見ました、開会式 »

2008.08.07

赤塚不二夫の葬儀

ミヤネ屋(大阪系テレビ番組)で赤塚不二夫の葬儀を取り上げていた。

葬儀委員長は藤子不二雄(A)で、弔辞はタモリ(森田一義)。あと、ちばてつやが出棺のときに棺を運んでいた。
タモリの「私もあなたの数多い作品の一つです」は歴史に残る名台詞だと思う。赤塚不二夫とタモリが大昔の24時間テレビでパンツ一丁になってイグアナの生態を真似していたのが懐かしい。

式場周辺では山本晋也、研ナオコ、浦沢直樹(21世紀少年)、松尾貴史(キッチュ)、永井豪(デビルマン)が取材を受け、故人を偲ぶエピソードなどを披露していた。式場に有名人続出、さらにミヤネ屋のコメンテーターとして出ている秋野暢子がテレビの前でボロ泣き、ということで凄く幅広い交友関係だと思ったことである。手塚以来じゃないのだろうか?

で、献花者の一覧表みたいなものも映し出されていたのだが、凄い並びが一瞬写った:

島本和彦
松本人志
松本零士

テレビ取材班としては、笑いの王者、ダウンタウン松本!ということで取り上げたかったのだろうが、両脇に漫画界における濃い人物の名前が出ていたことの方が、小生としては大ヒットであった。

|

« 今年もクロックス社の便所サンダルが話題に | トップページ | 結局見ました、開会式 »

映画・テレビ・芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

タモさんの弔辞は白紙だったとか。
確かに映像を見る限りでは白紙に見えました。

投稿: おじゃまします | 2008.08.10 16:04

白紙の弔辞を読み上げる。
タモリ一世一代の勧進帳。
赤塚に捧げる最大級のギャグであると評されています。

投稿: fukunan | 2008.08.14 19:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/42096896

この記事へのトラックバック一覧です: 赤塚不二夫の葬儀:

« 今年もクロックス社の便所サンダルが話題に | トップページ | 結局見ました、開会式 »