« 教室は42℃、弁当は腐敗 | トップページ | 売った本:本宮ひろ志『夢幻の如く』 »

2008.07.08

BOOK・OFFに売却

本棚が埋まってきた。というか本があふれ出している。

どげんかせんといかんと思い、文庫本だの、漫画だの、新書だの、単行本だの、とりあえず惜しくない32冊をセレクトしてダンボールに詰め、BOOK・OFFに行ってきた。

まあ500円ぐらいになれば万々歳だと思っていたところ、計1720円になった。概算で一冊50円というところか。内訳の一部を示す:

コミックス 4冊 120円
文庫   6冊 130円
単行本  8冊 770円

買ったときはもちろん10倍ぐらい金がかかっているわけだが、資源ごみになるよりは遥かにましである。

一般の古本屋というのは看板に買取を掲げていても、実際には買取をしないところが多い。
ガンガン買い取ってガンガン売りさばくBOOK・OFFは貴重な存在。BOOK・OFF様様である。

|

« 教室は42℃、弁当は腐敗 | トップページ | 売った本:本宮ひろ志『夢幻の如く』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ブック・オフの疑問
同じ書籍なのに、コーナーによって価格に約600円の差があります。
何故なのでしょう??
外観もそれほど大差なく思います(まあ素人目ですが)。
何を基準にして売り出し価格を決めてるんだろう?

思った以上の値段で売れて良かったですね☆

投稿: おじゃまします | 2008.07.12 11:30

BOOK・OFFの値付けは、おそらく、買い取る本がいつ発行されたのかということで決まっているのだろうと思います。

今度はCDとかDVDを売却しませんと。

投稿: fukunan | 2008.07.12 13:55

そうなんですかflair
同じ本なのになんでなんだろう??と思っていたのでスッキリしました。
今度見てみます。

投稿: おじゃまします | 2008.07.13 19:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/41772553

この記事へのトラックバック一覧です: BOOK・OFFに売却:

« 教室は42℃、弁当は腐敗 | トップページ | 売った本:本宮ひろ志『夢幻の如く』 »