« カナダの秀才高校生、プラスチック分解バクテリアを分離 | トップページ | 情報監視社会 »

2008.05.26

川田亜子自殺に驚愕

Goro's Bar」とか「ネプ理科」に出ていた美人アナ。後者の番組ではナマコを素手でつかんでいたりして凄いと思った。よく雑誌「BUBKA」の標的になっていた。小生の脳内女子アナランキングでは滝川クリステル先生(正式名:滝川・ラルドゥ・クリステル・雅美)の次に位置する。午後に練炭自殺との情報があって驚いた。

ネット上ではいろいろ怖い噂が広がっているが、ここでは省略。

事実だけ並べるとこういうことがわかっている:

5月12日に公式ブログ「Ako's Style」に以下の記事を掲載:

母の日に私は悪魔になってしまいました。もともとそうだったのかもしれません。産んでくれた母に、生きている意味を聞いてしまいました。 母の涙が 私の涙がとまりません。母の涙が耳の奥で響いているのです。

しかしその後削除。

5月14日以降、ほぼ毎日記事が書かれているが、次のような不安な内容:

5月14日 やっぱり
自分の気持ちが伝えられないのは寂しいですね

5月21日 言葉が…
でてこないので、今日は書くのをやめようと思います。

で最後は同5月21日付で「香水スペシャリストの山田麻穂さんとのトークショー」の記事が掲載されている。文章の締めくくりは次のようななんとなく無理が感じられる一文である:

少し調子が悪い私ですが、ちゃんと頑張って生きていますので、
ぜひいらしてくださるとうれしいです。

最後の記事には33件(5月26日20時現在)のコメントが寄せられている。「マイペースでいきましょう」というような川田アナを気遣うコメントが多かったが…。

|

« カナダの秀才高校生、プラスチック分解バクテリアを分離 | トップページ | 情報監視社会 »

映画・テレビ・芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/41327230

この記事へのトラックバック一覧です: 川田亜子自殺に驚愕:

« カナダの秀才高校生、プラスチック分解バクテリアを分離 | トップページ | 情報監視社会 »