« 60cm級のヒトデ発見(南極) | トップページ | 企業に道徳を求めるのは滑稽だ:コント=スポンヴィル『資本主義に徳はあるか』 »

2008.03.22

アーサー・C・クラーク追悼

3月19日未明、呼吸不全によりスリランカの病院でSF作家アーサー・C・クラークが死去した。90歳だった。

アーサー・C・クラークの代表作としては『2001年宇宙の旅』がよく知られているが、小生としては以前紹介した、『幼年期の終わり』の方を代表作として挙げたい。1953年にこのような深遠な(それでいて難解ではない)内容の作品が書かれたと言うのはSF史上にも、文学全体にも残る偉業であると思うからだ。

追悼の意味でももう一回読み直そうかと思う。


幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫)幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫)
クラーク 池田 真紀子

光文社 2007-11-08
売り上げランキング : 23676

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 60cm級のヒトデ発見(南極) | トップページ | 企業に道徳を求めるのは滑稽だ:コント=スポンヴィル『資本主義に徳はあるか』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/40599301

この記事へのトラックバック一覧です: アーサー・C・クラーク追悼:

« 60cm級のヒトデ発見(南極) | トップページ | 企業に道徳を求めるのは滑稽だ:コント=スポンヴィル『資本主義に徳はあるか』 »