« 資本主義に徳を求めてはならない:コント=スポンヴィル『資本主義に徳はあるか』 | トップページ | アーサー・C・クラーク追悼 »

2008.03.22

60cm級のヒトデ発見(南極)

AP通信やインデペンデント紙によれば、南極で超大型のヒトデが発見されたとのこと:
"Giant Marine Life Found in Antarctica" (By RAY LILLEY)
"Antarctic explorers come face to face with sea giants" (By Kathy Marks, Saturday, 22 March 2008)

ニュージーランドの研究機関、NIWA(New Zealand's National Institute of Water and Atmospheric Research)が南極のロス海で調査を行ったところ、60cm級のヒトデのほか、3.6mの長さの触手を持つクラゲなど、巨大生物が続々見つかったらしい。

研究者がヒトデを抱えている写真見てびっくりした。

|

« 資本主義に徳を求めてはならない:コント=スポンヴィル『資本主義に徳はあるか』 | トップページ | アーサー・C・クラーク追悼 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

自然界にもメタボリック時代到来でしょうか。

投稿: おじゃまします | 2008.03.25 12:19

南極ってのはものすごく栄養豊富なようで。なんであんな寒いところが?と思うのですが。

投稿: fukunan | 2008.03.26 14:35

栄養豊富ですか・・
そのうちおっとっとのヒトデのようにパッツンパッツンになるんでしょうか?
あ、でもそれもカワイイ☆~

投稿: おじゃまします | 2008.03.27 12:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/40599174

この記事へのトラックバック一覧です: 60cm級のヒトデ発見(南極):

« 資本主義に徳を求めてはならない:コント=スポンヴィル『資本主義に徳はあるか』 | トップページ | アーサー・C・クラーク追悼 »