« 読書法にもいろいろある:点検読書とは | トップページ | UbuntuにOpenFOAMを(3) »

2008.03.02

嫌過ぎる奈良の「ご当地キャラ」:著作権料500万円

奈良市が「平城遷都1300年祭」を実施するそうである.が,ご当地キャラが可愛くなく,巷から糾弾の声が上がっているらしい:
「<平城遷都1300年祭>マスコットキャラに市民から批判」(毎日新聞2008年3月2日)

仏画かと思った,これ.たしかに「鹿の角を生やした童子」なんて可愛くない.むしろ嫌過ぎる.みうらじゅん先生なら高評価かも知れないが.この着ぐるみが来たら,小さい子は泣いちゃうよ.一生のトラウマになるに違いない.ちなみにこのマスコットキャラの著作権料は500万円だそうです.

奈良市は3月12日までこのマスコットの愛称を公募しているらしい.皆さんだったら何て名前を付けます?小生の案は「仏罰ちゃん」

|

« 読書法にもいろいろある:点検読書とは | トップページ | UbuntuにOpenFOAMを(3) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

なんとなく細木数子に似てるような・・。

確かに、なんだかなーって感じですが、好きの反対は嫌いではなく無関心だと思うので、出だしはまずまずなのかもしれませんね。

自論ですが、可愛がられるキャラクターは二頭身か三頭身(キティちゃんとか、ドラえもんとか、天童よしみのグッズとか)だと思うので、この福耳仏子ちゃんももしかしたらバケかも。
『頭角を現す』にちなんで「グッズを持ってると出世するらしいよ、願いが叶うらしいよ」的なジンクス等を、まことしやかに吹聴すれば結構イイ線行くかも。
でも仏様に角って、なんかバチが当たりそうですね。

投稿: おじゃまします | 2008.03.02 18:13

このキャラ、各地で話題になっていますね。「探偵ファイル
」でも取り上げられていました。
「出だしはまずまず」とのご意見ですが、まさしく、そのとおりになったと思います。

だからと言って1300年祭が盛り上がるかと言うとこれは別でしょう。500万円回収するに足るだけの観光客増加があるとは思いますが。

投稿: fukunan | 2008.03.04 20:05

そうでした。大事なのは平城遷都1300年祭をお祝いするムードを高める事が出来るキャラかどうかで、グッズの売り上げが目的ではなかったですね。

投稿: おじゃまします | 2008.03.09 13:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/40339805

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌過ぎる奈良の「ご当地キャラ」:著作権料500万円:

» ご当地キャラ マスコット通販 [ご当地キャラ マスコット通販]
ご当地キャラやマスコット B級グルメな商品のご紹介 きっと見つかる名産に特産品 買い忘れたお土産探しにも ご当地商品通販お土産屋 [続きを読む]

受信: 2010.05.25 04:32

« 読書法にもいろいろある:点検読書とは | トップページ | UbuntuにOpenFOAMを(3) »