« 世界の共同主観的存在構造 | トップページ | 餅による窒息事故 »

2008.01.02

『高学歴ワーキングプア』の情報補足

先日、『高学歴ワーキングプア』(光文社新書)を読んだ。今日の記事はその内容を捕捉する情報を書いておこうと思う。

高学歴ワーキングプア 「フリーター生産工場」としての大学院 (光文社新書)
高学歴ワーキングプア  「フリーター生産工場」としての大学院 (光文社新書)水月 昭道

光文社 2007-10-16
売り上げランキング : 1088

おすすめ平均 star
star書名と副題が刺激的でした
star差別構造の中の差別主義者?
star優秀な人材が失われている現状を知れ!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

文部科学省が公表している『平成18年度学校基本調査(確定値)』を基に、博士課程修了者の就職率を計算してみるとこのようになった:

平成18年3月の
博士課程修了者数:15,973人
就職者数:9,149人
就職率:57.3%

『高学歴ワーキングプア』(光文社新書)に記されていた数字と少し違うが、同書出版後に調査がまとまり数字が確定したのではないかと思われる。

性別、出身校別、分野別で就職率を計算すると次のとおりである。

       修了者   就職者   就職率
(性別)
男子合計 11,702   7,049    60.2%
女子合計 4,271    2,100    49.2%

(出身校別)
国立男子 8,528    5,208    61.1%
国立女子 2,901    1,439    49.6%
公立男子 592     373     63.0%
公立女子 226     119     52.7%
私立男子 2,582    1,468    56.9%
私立女子 1,144    542     47.4%

(分野別)
人文科学 1298    367     28.3%
社会科学 1302    529     40.6%
理学    1522    730     48.0%
工学    3679    2181    59.3%
農学    1056    545     51.6%
保健    4920    3741    76.0%
商船    0       0
家政    58      28     48.3%
教育    334     163     48.8%
芸術    140     20      14.3%
その他   1664    845     50.8%

全体の就職率57.3%を基準とし、これ以下の就職率のところにアンダーラインを引いてみた。

明らかに


  • 女子不利

  • 私学不利

  • 文系不利(工学、医学など「実学系」有利)


ということが言える。

このような現状を変えることも大事であるが、そういう努力と同時に、博士課程に進もうかと思っている学生は、統計学的観点から、分野や大学の選択を考えることも必要であろうと思う。

|

« 世界の共同主観的存在構造 | トップページ | 餅による窒息事故 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/17555494

この記事へのトラックバック一覧です: 『高学歴ワーキングプア』の情報補足:

« 世界の共同主観的存在構造 | トップページ | 餅による窒息事故 »