« 新旧メディア対決 | トップページ | カンボジアのページを作り始めた »

2007.12.16

勘助、謙信、大暴れの巻き

北九州出張から帰った後、くつろぎながら大河ドラマ「風林火山」最終回を視聴。

最終回はこんな内容:

軍師山本勘助(内田聖陽)の失策により、武田勢は苦戦。 上杉謙信(Gackt)は宇佐美(緒方拳)の言うことを聞かずに武田本陣に攻め込み、武田信玄(亀次郎)に斬りつけるが倒せずに終わる。 勘助は失策の責任をとるために謙信の本陣に攻め込もうとするものの、足軽たちに切りつけられたあげく、集中砲火で死亡(本当はしぶとくてなかなか死なず、首をとられるまでにいろいろあるのだが省略)。

勘助、謙信、大暴れの最終回で満足した。

今年の大河ドラマ「風林火山」は途中まで地味であまり面白くなかったのだが、後半からGackt謙信が登場、一部ではGackt出陣といわれる事態が生じ、異常に面白くなった。小生はGackt登場の回は欠かさず見たものである。

Gacktが演じるにあたっては、こんなの謙信公じゃない!という意見も多かったが、謙信には女性説もあり、実際エキセントリックな行動も目立った武将だったため、意外とGacktこそがイメージに近いのではないかと思う。Gacktの演技を見ていると、謙信になりきっていてすごいなーと感心した。

今年の謙信公祭りではGacktは謙信公としてちゃんと登場し、これまでになかったほどの見物客を集めた。しかも、地震で意気消沈していた上越市民を

「地震の災いに見舞われし上越の地に上杉謙信まかりこした。みなのもの、勇気を出して立ち上がるのじゃ!」

と励まし、謙信公としての役割を完璧に果たしたほどである。エライ。

謙信公祭りの熱狂ぶりに関しては以下のブログを参照:
「謙信公祭り 運は天にあり、鎧は胸にあり」
「謙信公祭、参戦! 」

|

« 新旧メディア対決 | トップページ | カンボジアのページを作り始めた »

映画・テレビ・芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/17386257

この記事へのトラックバック一覧です: 勘助、謙信、大暴れの巻き:

« 新旧メディア対決 | トップページ | カンボジアのページを作り始めた »