« 「八つ」を「はちつ」と読む小学生 | トップページ | 超ローカルメディアについて(Google Chart付き) »

2007.12.11

車輪の下で

光文社古典新訳文庫の新刊、『車輪の下で』(ヘルマン・ヘッセ著、松永美穂訳)を読んだ。従来、『車輪の下』というタイトルで知られている作品である。

古典というと、なんとなく、課題図書として読むか、授業で教わるか、年取ってから文学全集で読むか、そういうものという感じがするのだが、そんなことは無い。

『車輪の下で』はヘルマン・ヘッセが29歳のときに書いた作品である。新進気鋭の若手作家による青春小説なのである。これはヘルマン・ヘッセの10代の頃の栄光と挫折を基にした自叙伝的小説であり、一人の少年の精神を押しつぶす画一的な教育、大人たちの無理解に対する怒りに満ちている。

旧来の翻訳だと文体の古さのせいで、いかにも老大家が執筆したかのような印象を受けるのだが、松永美穂氏の新訳では若手作家の作品らしい、みずみずしさが感じられる。

車輪の下で (光文社古典新訳文庫 Aヘ 3-1)車輪の下で (光文社古典新訳文庫 Aヘ 3-1)
ヘッセ 松永 美穂

光文社 2007-12-06
売り上げランキング : 5472

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ちなみにヘルマン・ヘッセは1877年生まれで、1962年に没している。夏目漱石とか森鴎外よりも我々に近い時代の人である。

|

« 「八つ」を「はちつ」と読む小学生 | トップページ | 超ローカルメディアについて(Google Chart付き) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/17343090

この記事へのトラックバック一覧です: 車輪の下で:

« 「八つ」を「はちつ」と読む小学生 | トップページ | 超ローカルメディアについて(Google Chart付き) »