« 猫とともに去りぬ | トップページ | 大卒研究職社員の資質 »

2007.10.26

光文社古典新訳文庫はすごい!

「古典はいつでも新しい! 」という考えの下、創刊一周年を迎えた光文社古典新訳文庫であるが、「だれが本を殺すのか」(by 佐野眞一)と言われるこの世の中で非常に健闘している。

なにしろ新訳『カラマーゾフの兄弟』(亀山郁夫訳)が50万部もバカ売れしているのである。長いとか難解とかしんどいとか言われるロシア文学がですよ!

来月刊行の本からも目が離せない。なにしろアーサー・C・クラークの『幼年期の終わり』の新訳が出る(池田真紀子訳)。SFの古典で、これまでに福島正実訳(早川書房、1979年)と沼沢洽治訳(東京創元社、1969年)があったのだが、現代から見るとちょっと古い言葉遣いになっている。今度の新訳がどのようなものになるかが見ものである。

|

« 猫とともに去りぬ | トップページ | 大卒研究職社員の資質 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/16881485

この記事へのトラックバック一覧です: 光文社古典新訳文庫はすごい!:

« 猫とともに去りぬ | トップページ | 大卒研究職社員の資質 »