« 確定拠出年金(個人型)第一号 | トップページ | ほらインド株下がったでしょ »

2007.10.17

インド市場やトルコ市場

投資信託を検討するにあたって、海外の市場動向についてブルームバーグで調べてみた。

インド市場やトルコ市場がすさまじく成長しているというので、日本やアメリカの市場動向と比べてみたのが次のチャートである(クリックすると拡大)。

Chart

去年の10月中旬を基準としたときの成長率[%]を比較している。SENSEXというのがインド市場の指標、XU100というのがトルコ市場の指標である。INDUはダウ平均株価、NKYは日経平均株価である。一年間で、インド市場とトルコ市場は約50%も成長しているのに対し、米国は約17%、日本は約4%しか成長していない。

今年の8月中旬に米国のサブプライムローン問題が発覚。その結果世界中で株価の大幅下落が起こっているのだが、その後の回復の度合いが国によって異なる。日本の場合はフラフラとしていて事件前の水準に戻っていない。これに対してインドなんかはあっという間に回復している。さてこの違いは何に由来するのであろう?これは宿題である。

|

« 確定拠出年金(個人型)第一号 | トップページ | ほらインド株下がったでしょ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インド市場やトルコ市場:

« 確定拠出年金(個人型)第一号 | トップページ | ほらインド株下がったでしょ »