« 渡辺翁の偉さについて | トップページ | 光文社古典新訳文庫はすごい! »

2007.10.26

猫とともに去りぬ

最近数年間の光文社の取り組みは面白いと思う。

光文社新書というシリーズでは、『経済物理学の発見』、『行動経済学 経済は「感情」で動いている』、『技術経営の考え方』など、経済・経営関係の面白い本が出ているし、光文社古典新訳文庫では新訳の『カラマーゾフの兄弟』、『ちいさな王子(星の王子様の新訳)』などの読みやすい本が登場している。

今回紹介するのは光文社古典新訳文庫で昨年9月に出た『猫とともに去りぬ』である。イタリアのファンタジー作家ロダーリの短編集だが、へんてこな内容を予感させるタイトルに魅かれて購入した。

読んでみたが、やはりへんてこな内容である。人々は簡単に猫になったり、魚になったりするし、人と洗濯機との結婚が成立したりする。この本に収録されている短編「チヴィタヴェッキアの郵便配達人」の一文を読むだけで内容の面白さを感じとることができるだろう:

《コオロギ》は少しばかり神経質になっていた。以前、超特急の速達を届けるのに、あんまり急ぎすぎて、速達が出される前の日に届けてしまったときのように、神経が高ぶっていたのだ。


猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
ジャンニ ロダーリ 関口 英子

光文社 2006-09-07
売り上げランキング : 132199

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 渡辺翁の偉さについて | トップページ | 光文社古典新訳文庫はすごい! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/16880096

この記事へのトラックバック一覧です: 猫とともに去りぬ:

« 渡辺翁の偉さについて | トップページ | 光文社古典新訳文庫はすごい! »