« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007.07.29

帰ってきました

昨日、ギリシャのクレタ島から帰ってきました。

クレタ島→アテネ→ミュンヘン→成田→羽田→宇部で、24時間以上の大移動。
飛行機では爆睡でしたよ。

南欧は熱波に見舞われ、大変なことに。
クレタ島は海に囲まれているのでまだましでしたが、アテネは40℃以上になるという有様。連日山火事のニュースでした。

詳細は明日以降。

Dscn1077

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.07.20

またギリシャに行きます

また、明日から一週間ほどギリシャに行きます。
今度はクレタ島。
果たして帰ってこれるのだろうか?

Dscn0440

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.07.17

二足歩行に進化した理由

Science Dailyからの情報。

人間が立って歩くようになった理由について、新説が登場した:
Study Identifies Energy Efficiency As Reason For Evolution Of Upright Walking (July 17, 2007)

アリゾナ大学助手David Raichlenによれば、二本足で歩いたほうがエネルギー消費がチンパンジーのように手をついて歩いた場合の1/4で済むという。つまりエネルギー効率を上げる方向で進化したのだとか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.07.16

チェンジニア

今日は社会人大学院生の研究計画発表会があった。
学生とはいえ、社会人からは学ぶことが多いが、「チェンジニア」という言葉を知った。
変更ぐらいしかできないエンジニアのことだという(研究計画発表会の席では「部品交換しかできないエンジニア」という意味で使っていたが)。まあ、そういうエンジニアは多いはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.15

変な特許

変な特許ばかり集めたサイトというかブログがある。

最新のものはコレ:
「流体の流れがある宗教的ランプ」:"Religious Lamp with Fluid Flow" (patent#: US 7118242)

特許登録は審査があるので難しいが、出願は自由なのでこういう特許が出てくるわけである(特許料は特許登録されて、しかも利用者がいないともらえません。出願しただけで特許をとったと思っている人はすごく多いので注意)。

英語が苦手でも、特許図面を見ているだけで楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.14

台風はどこに行った?

今日(7月14日)は台風4号接近により、宇部の天気も大荒れ…

と思っていたら、午前中少し強風と雨があったものの、夕方には晴れ間も広がり、穏やかな(?)天気になってしまった。なにしろ、4時半には山口宇部空港からANAの飛行機が飛んだぐらいである。

台風はどこに行ったんだ?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.07.10

女の方がよくしゃべる?

今回も他人(ひと)のふんどしで相撲をとることにする。

今回のネタは、BBCの科学雑誌フォーカスの記事"GIRL TALK"

アリゾナ大学の研究チームの6年にわたる研究結果から、女性と男性のおしゃべりの程度は大して変わらないことがわかった。平均すると男性は一日あたり15,669語、女性は一日あたり16,215語を話すということである。女性の方が男性よりも3倍話すという説があったが、これで覆ったことになる。

身の回りを見ていると、男性も結構おしゃべりなので、この結論には納得。高倉健も映画の中では寡黙だが、インタビュー記事などを見るとかなりの話好きである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.09

新・世界七不思議

スイスの民間団体がインターネット&電話の投票によって「新世界七不思議」を決定・発表した。

選ばれたのは、中国の万里の長城、ヨルダンのペトラ遺跡、ブラジル・リオデジャネイロのキリスト像、ペルーのマチュピチュ遺跡、メキシコ・チチェンイツァのピラミッド、イタリア・ローマのコロシアム、インドのタージマハルの7つ。

日本からは清水寺が出ていたそうだが、最終選考で落選。ほかに最終選考まで残ったものは以下の通り: ギリシャのアクロポリス、スペインのアルハンブラ宮殿、カンボジアのアンコールワット、イースター島のモアイ像、フランスのエッフェル塔、トルコのハギア・ソフィア、ロシアのクレムリン宮殿&聖ヴァシリー聖堂、ドイツのノイシュヴァンシュタイン城、エジプトのギザのピラミッド、ニューヨークの自由の女神像、イングランドのストーンヘンジ、シドニーのオペラハウス、マリのトンブクトゥ。

なんか、落ちたものの方が七不思議っぽいなーと思うのだが。

ちなみに、ユネスコはこの七不思議の選考に怒ってます:
「ユネスコが「新世界七不思議」を批判」
正式な表明はこっち:
"UNESCO confirms that it is not involved in the “New 7 wonders of the world” campaign"
一部を引用:

There is no comparison between Mr Weber’s mediatised campaign and the scientific and educational work resulting from the inscription of sites on UNESCO’s World Heritage List*. The list of the “7 New Wonders of the World” will be the result of a private undertaking, reflecting only the opinions of those with access to the internet and not the entire world. This initiative cannot, in any significant and sustainable manner, contribute to the preservation of sites elected by this public. (Author(s): Press Release No. 2007-66, Source: UNESCOPRESS 06-07-2007)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぽたぽた焼き

亀田製菓の「おばあちゃんのぽたぽた焼き」という菓子がある。発売20周年を迎えたそうだが、それは脇に置いといて、この菓子の袋の裏に「おばあちゃんのちえ袋」という記事が載っているのでその話題を。

「米のとぎ汁を肥料にしよう」というのはまあ、常識程度だが、「パスタのゆで汁で油汚れを落とす」というのは初耳だった。印刷物は簡単に捨てないでちゃんと読んでみるものだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.07.08

Urdu is sweeter when written by hand

Wiredの記事によると、インドのチェンナイでは、手書きの日刊新聞が作られているそうである

日本でも以前は、学校の先生が手書き&印刷機で教材や保護者へのお知らせを作っていた。
小生も高校の頃に(美術部だったのに)文芸部の雑誌作成を手伝って、手書きで原稿&イラストを書いたものである。ちょうどワープロが普及し始めた頃だったので、ワープロによる原稿作成にも挑戦してみたものの、小さい液晶ディスプレーで苦労した。

その後、Macが登場し(Plusとかでも40万円を超えていたはず。高校にDynaMacを持ってきた猛者がいた)、DTPが始まり、手書きで印刷原稿を作ることが減ってきて、今に到るわけである。

Wiredの記事で紹介されているのはウルドゥー語の手書き日刊紙"The Musalman"。ちゃんと締め切りに間に合うからすごい。植字工ならぬ筆記工(カリグラファー)は1頁書くと60ルピー=約1.5ドルをもらう。ちなみに新聞の値段は1部1セントだそうで。

いずれデジタル化の波に飲み込まれるのだろうが、編集長は"Urdu is sweeter when written by hand"と言っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GoogleのAdSenseを貼ってみた

この間、NHK時計を設置したが、今度はGoogle提供のAdSenseを貼ってみた(時計の下)。

今のところ「家具」とか「北欧家具」とかいう項目が登場しているのだが、一体ブログのどこに反応してそんな記事が出るのか?

Googleの検索アルゴリズムは非公開なので、何が起こるやら、よく分からん。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.07.06

ドライフルーツミックス

ドライフルーツミックス
スーパーで買ったドライフルーツミックス。
パイン(タイ)、パパイヤ(タイ)、マンゴー(タイ)、レーズン(アメリカ)、サルタナレーズン(トルコ)、グリーンレーズン(中国)と種類も国籍も多様。
180g、298円だったが果たして安いのか高いのか?
乾物好きなんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.04

室伏博士

よそのブログのネタで相撲を取ります。

博士号取得を目指す人々」というブログがあるのだが、2007年06月28日の記事がすごい:
室伏博士号取得へ 論文合格
あのハンマー投げの室伏が、中京大大学院で博士号を取得することになったそうである。

論文のタイトルは「ハンマー頭部の加速についてのバイオメカニクス的考察」。いつか国会図書館で閲覧したいものである(博士論文は全て国会図書館に収められるはず)。

今後、海外ではDr. Koji Murofushiと呼ばれることになるのだろう。航空券の氏名欄にはMUROFUSHI KOJIDRと書かれるはずである。

日本選手権13連覇並みに面白い情報なんだから、室伏本人かスタッフは公式ホームページでちゃんと報告するように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.02

NHK時計を設置してみたよ

NHKもブログパーツを提供していた!

前から知っていた人もいるとは思うが一応:
「NHKオンライン・ラボ・ブログ」
http://www.nhk.or.jp/lab-blog/
というところで提供している。

アナログな感じが非常にいい。
「木目調」もあるとのこと。

パソコンの時間設定がおかしいと正確な時刻にならないので要注意。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.07.01

AirportMonitor

Java Technologyのウェブページで紹介されているAirportMonitorというソフトがすごい。

3ヶ月前から10分前までの航空機の軌跡をトレースできるソフトである(何でリアルタイムじゃないかというと、セキュリティのため)。

まあ試しにロスの上空を飛ぶ航空機の動きを見てください。特定の飛行機を選ぶと機体の種類とか高度とかがわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Excelでゲーム??

Microsoft Excelは通常は集計やデータの整理に使われるソフトだ。それが、突如牙を剥いたわけである。

「VBAアクションゲーム?Excel(エクセル)で動かそう!」というサイトはExcelのマクロ(VBA)で作動するゲームが満載である。

小生はかつて、Excel上で稼動するシミュレーションソフトを作成したことがあるが、こんなビジュアルとサウンドに富んだゲームができるなんて、と驚愕している。

この程度で驚愕している者は、さらに恐ろしい記事「ワード文書1でシューティングゲームは作成可能か」を読むが良い。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ホームページを改造中

自前のホームページ(ウェブページ)を立ち上げ始めたのは多分9年ぐらい前。もう何回直していることだろう。今回、第XX次改造作業に着手したわけである。

今までは、
 ● HTML直打ち
 ● NetscapeのComposerを利用
というように、金のかからない手法でがんばっていたものの、あまりにも面倒で中断の原因になっていた。今回は「ホームページ・ビルダー」という、古くて新しい道具を導入して取り組んでいる。

今回はトップページを思い切り単純なものにしている。あと、コンテンツの充実ということで、今まで行った辺鄙な国々の旅行記を乗せている。

さて、今度はいつまで続くことであろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »