« ディープインパクト:成功したようです. | トップページ | グレッグ・イーガン『万物理論』 »

2005.07.05

『幻滅論』

みすず書房から2001年に出た心理学の本である.
近所の書店でたまたま購入した.

『幻滅論』

著者の北山修氏は,現在,九州大学大学院人間環境学研究科教授であるが,かつての「ザ・フォーク・クルセダーズ」の元メンバーだと知って驚いた.『戦争を知らない子供たち』,『あの素晴らしい愛をもう一度』等の有名な曲の作詞者である.

この本の文中には,「言語」というものに対する気遣いが満ち溢れており,ときには,この本の文体自体にまで言及している.かつて作詞家だった著者の言語感覚の鋭さには驚かされた.

|

« ディープインパクト:成功したようです. | トップページ | グレッグ・イーガン『万物理論』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/9608558

この記事へのトラックバック一覧です: 『幻滅論』:

« ディープインパクト:成功したようです. | トップページ | グレッグ・イーガン『万物理論』 »