« 宇宙ヨット失敗 | トップページ | 落雷に遭った人の話 »

2005.06.22

続・印税は誰に?

「電車男」(買ってもいないし、見てもいない)の印税の件ですが、一応気になったので追跡調査(そんな大それたものではない)してみました。

電車男の時刻表という便利なサイトがあったので、そこからたどっていろいろ読んでみると、さらに電車男@FAQというウェブページにたどり着きました。以下引用します。

Q4  中の人には印税は支払われないんじゃないですか?

A4  ところが支払われたとしても不思議ではないのです

書籍の内容は元のスレッドを編集したものであるため
久保田康氏は編集著作権を保持します
重版された場合、印税率は定価の10%強となるのが出版界における慣例のようです
また新潮社の場合、印税は書籍の印刷部数により算定します
ここで、100万部が印刷されたと仮定してみましょう
定価1365円×10%×印刷部数が印税となるわけですから
その総額は1億4000万円近くにもなります
久保田氏と新潮社の間で印税契約が締結されたか否かという点については公表されておらず
実際には原稿料が支払われただけなのかもしれません
しかし、もしも両者間で印税契約が成立しているのであれば
久保田氏は相当の金額を手にすることになるでしょう

ふーん。ちなみに久保田康氏が「中の人」と呼ばれている人だそうです。
あと、

Q5  2chに書き込むと著作権はなくなるんじゃないですか?

A5  いいえ。著作権がなくなるわけではありません

ということで、掲示板に書き込んでも著作権がなくなるわけではないということです。

いろいろ調べて分かってきましたが、インターネットに詳しい人々にとっては、「電車男」の内容よりも、それをめぐるミステリーの方が重要になってきたようです。

|

« 宇宙ヨット失敗 | トップページ | 落雷に遭った人の話 »

映画・テレビ・芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/9608549

この記事へのトラックバック一覧です: 続・印税は誰に?:

« 宇宙ヨット失敗 | トップページ | 落雷に遭った人の話 »