« 2004年7月 | トップページ | 2005年6月 »

2004.08.21

日本学会事務センター

つい最近、日本学会事務センターという学会事務を請け負うところが倒産。
これによって影響を受ける学会は300に上るという。
しかし、どの学会が影響を受けるのかについては何も情報がない。
とりあえず、学会事務センターに業務委託していた学会等を調べてみた。

【委託していた学会一覧】
グーグルで15ページまで調査。順不同。
300までは調べきれなかった(気力の喪失、体力の限界)。

日本神経科学学会、日本音楽学会、日本液晶学会、日本実験力学会、
日本痴呆学会、生物物理学会、日本放線菌学会、日本特殊教育学会、
日本乳酸菌学会、日本外来小児科学会、日本臨床化学会、日本化学療法学会、
日本小児保健協会、日本集団精神療法学会、日本形成外科学会、日本形成外科学会、
日本内視鏡外科学会、日本生薬学会、日本美容外科学会、日本哺乳類学会、
日本ME学会、日本生産管理学会、日本免疫学会、日本蛋白質科学会、
日本ソフトウェア科学会、日本環境感染学会、日本衛生動物学会、日本PDA、
日本人類遺伝学会、日本魚類学会、日本医真菌学会、日本ゴマ科学会、
日本海洋学会、水文・水資源学会、日本第四紀学会、日本地球化学会、
日本私法学会、日本解剖学会、日本エイズ学会、日本研究皮膚科学会、
日本結合組織学会、日本心臓血管外科学会、海洋音響学会、地球電磁気・地球惑星圏学会、
日本女性学会、日本移植学会、日本人工臓器学会、日本栄養・食糧学会、
日本在宅ケア学会、日本臨床微生物学会、日本陸水学会、日本精神保健看護学会、
日本精神分析学会、日本ビタミン学会、日本コンピュータサイエンス学会、
日本古生物学会、日本発生生物学会、日本皮膚アレルギー学会、日本複合材料学会、
日本光弾性学会

ついでに以下も委託していた団体。
財団法人日本ビフィズス菌センター、日本アマチュア衛星通信協会

今後どう対応するのかを見守りたい。

続きを読む "日本学会事務センター"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.03

福壽草(その2)

ここ暫く,小沼丹(おぬま・たん)『福壽草』をぱらぱらと読んでゐる.
この人の随筆の魅力はその随筆が扱つてゐる対象,テエマの魅力よりも,文体のほうにあるやうな気がする.同じことを荒川洋治氏が『夜のある町で』(みすず書房)の中で言つていたやうな気がするが,手元に本が無いので確認できぬ.

『夜のある町で』の中で褒められていた随筆「女子學生」を読んでみた.2頁ほどの短い随筆である.普通の話であつたが,締めくくりの一文が良かつた.これが有るか無いかで随筆の価値がだいぶ変わつただらう.

ところで,この本,以前のブログ記事では,「大事に読まねばならぬやうな気がしてきた」などと書いていたが,実際には寝床で読んでいて,畳の上に置いてゐる.カバアと箱は書棚に保管しているが,本体の扱いはこの有様である.有言不実行であるが仕方が無い.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2005年6月 »