« 福壽草(その1) | トップページ | 日本学会事務センター »

2004.08.03

福壽草(その2)

ここ暫く,小沼丹(おぬま・たん)『福壽草』をぱらぱらと読んでゐる.
この人の随筆の魅力はその随筆が扱つてゐる対象,テエマの魅力よりも,文体のほうにあるやうな気がする.同じことを荒川洋治氏が『夜のある町で』(みすず書房)の中で言つていたやうな気がするが,手元に本が無いので確認できぬ.

『夜のある町で』の中で褒められていた随筆「女子學生」を読んでみた.2頁ほどの短い随筆である.普通の話であつたが,締めくくりの一文が良かつた.これが有るか無いかで随筆の価値がだいぶ変わつただらう.

ところで,この本,以前のブログ記事では,「大事に読まねばならぬやうな気がしてきた」などと書いていたが,実際には寝床で読んでいて,畳の上に置いてゐる.カバアと箱は書棚に保管しているが,本体の扱いはこの有様である.有言不実行であるが仕方が無い.

|

« 福壽草(その1) | トップページ | 日本学会事務センター »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/1111725

この記事へのトラックバック一覧です: 福壽草(その2):

« 福壽草(その1) | トップページ | 日本学会事務センター »