2018.10.21

結構エグい,西南戦争,熊本城の地雷戦

篠田仙果の『鹿児島戦争記――実録 西南戦争』第五編には西南戦争における一つのヤマ場,熊本城攻防戦が描かれている。

これまで知らなかったのだが,この戦いでは地雷が使用されたという。その描写が結構エグい。

Sdscn1252

熊本城を守る官軍(司令官:谷干城少将)は,薩軍の到来を察知し,城外に地雷を埋めておいた。

そして,篠原国幹,西郷小平らが率いる薩軍が殺到するや,頃合いを見て,遠隔操作で地雷を起動,多数の薩摩士族を吹き飛ばした。その描写を引用しよう:

「大手京町口に仕かけたりし地雷火に気の通じけん,万山此所(ここ)に崩壊(くずるる)か,百雷一時に落るかと思うばかりの震動にて,大地たちまち破裂なし,黒煙起こって暗夜にひとしく,炎いち面に燃あがり,砂石八方へ散乱す。されば勇みにいさみたる暴徒およそ四,五十人,何以てたまるべけんや。胴躰ちぎれ多数となり,空中へ打上られ,たまたま命ある者も,手をもがれ足を砕き,身体は火脹れとなり,焔熱(しょうねつ)地獄の罪人もかくやと計(ばか)りおもわれたり。」(42頁)

あわれ薩摩士族。ある者は手足バラバラとなって空中に舞い,他の者は全身に大やけどを負ったという。

そんなことも名調子で書き進めていくんだから,江戸育ちの戯作者は恐ろしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.18

篠田仙果『鹿児島戦争記』を読む:内戦報道のエンターテイメント化

先月,岩波文庫に入った篠田仙果『鹿児島戦争記――実録 西南戦争』を読んでいる。ちょうど,「西郷どん」も最終章,西南戦争というクライマックスを迎えようとしているので,タイムリー。

西南戦争中に報じられた内容を絵入り読み物としてまとめ直した本であり,当時の西南戦争の伝え方がわかるのが面白い。

著者の篠田仙果(本名:久治郎,別号:笠亭仙果,天保8(1837)年~明治17(1884)年)はもともと江戸の戯作者であるから,薩摩士族への思い入れは全然無く,悲壮な反乱を,娯楽軍記物として描いている。幕末維新ファンが卒倒しそう。

維新を支えた西国の士族階級への思い入れの無さは次のような文章に現れている:

「つらつら西国各県下の士族の風を考(かんがう)るに,文明開化の何ものたるを知らざる者多きに似たり。されば,ややともすれば暴徒あり。すでに鹿児島生徒らが暴なる所業を聞(きく)よりも,熊本士族の内,百四,五十人申合せ,同所花岡山へ屯集し,また甘木町などにも蟻集なす者あり……。」(19頁)

新聞報道を基にしており,現地取材など全然していないので,地名の間違いなども多く,無責任な感じがぬぐえない本だが,それでも当時の人々には大うけだったようだ。ほとんどの庶民にとって,内乱の報道は娯楽に過ぎなかった。

同じ庶民とはいっても,九州各地の人々は苦汁を飲まされていた。薩軍が押し寄せた熊本城下は大混乱。ところが,篠田仙果の筆にかかると,その状況は面白おかしくなってしまう:

「人民各(おのおの)虚魯(きょろ)つきて,鉄砲玉の御馳走とは難儀千万,それ逃出せというままに,若きは老(おい)を背に負えば,母は泣子(なくこ)を手をひきつつ,片手に提(さげ)るきれづつみ,包みかねたる皿さ鉢,音も瓦落(がら)めく人力車,その混雑大かたならず。」(33頁)

あらためて書くが,当時の多くの人々にとって士族の反乱なんて戦国時代の合戦と同列のものだったに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.14

また山口ゆめ花博に行ってきた(ナイトバージョン)

先日,山口きらら博記念公園で開催されている「山口ゆめ花博」(会期:9月14日~11月4日)に行ってきたわけである。

依然としてとんでもない盛況ぶりで,会期中の来場者数の目標50万人を10月12日(金)に達成してしまった。まだ3週間も残っているのに。恐るべし。近隣の県からも来客が押し寄せている。ほかに面白いイベントが無いのか?

さて,50万人突破記念ということで,今度は夜間割引が効く16時以降に行ってみた。

10月13日(土)と10月14日(日)は,地元の放送局yabが「ふれあいフェスタ2018」というのをやっていて,その一部として「にっぽんグルメ維新」という食の祭典まで開催されている。

Sdsc_1307

これがまた大賑わいで,雰囲気にのまれて夫婦で「牛モツ焼うどん」だの「元祖焼き小籠包」だの「米沢牛コロッケ」だの「」を買い込んで夕食として食べた次第である。とても美味しゅうございました。

Sdsc_1303

食事のあとは,ゆめ花博会場をうろつく。夕焼けの空にむかって聳え立つ,日本一高い木のブランコを眺めたり,

Sdsc_1308

夕闇迫る山口湾の光景を眺めたり,

Sdsc_1309

Sdsc_0554

闇夜に浮かびあがる花庭を散策したりした。

Sdsc_0561


Dsc_0563

庭のパビリオンゾーンにも行ったが,先日,昼間に見た光景とはまた違った風情を楽しむことができた。

Dsc_0571

闇に浮かび上がる松が見事。奇跡的に月まで写っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.04

山口ゆめ花博に行ってきた

先月(2018年9月)14日から山口きらら博記念公園で「山口ゆめ花博」が開催されている。

田舎の博覧会だからと言って侮ることなかれ。

最終日(11月4日)までの来場者数の目標は50万人だが,開催から2週間経った9月28日には25万人を突破。10月3日現在で,累計313,732人が来場。これは有料ゾーンの来場者数だから無料ゾーンも含めるとさらに多いはずである。

ということで,実際に花博会場に足を運んでみたところ,大へんな賑わい。駐車場には県外ナンバーの車も多く来ていた。

↓来場者を迎えるゲート。よく見ると,uprのパレットが使われている。エコ?

Sdsc_1289

↓巨大な花壇「花の谷ゾーン」

Sdsc_1294

↓いろいろな花が見られて面白い。

Sdsc_1291

↓とくにこれ。ルコウソウという熱帯アメリカ原産のヒルガオ科のつる性多年草。まるでクリスマスツリーのようだ。

Sdsc_1292

遊び道具も充実。↓これは日本一の高さを誇る木のブランコ。

Sdsc_1298

↓そして日本一長い竹のコースター。

Sdsc_1299

↓会場からは山口湾が一望できる。向こうにあるのは秋穂の岩屋の鼻。

Sdsc_1297

↓庭のパビリオンゾーンに行くと,造園業者による作品群が見られる。

Sdsc_1301

写真だとうまく伝わらないが,コンパクトで美しい庭園を観賞できる。

Sdsc_1303

このほかにも多目的ホールでは,華道各流派による,いけばなの展示が見られて面白かった。

広い会場を半日歩き回り,いい運動になった。午後9時までやっているので,今度は夜に来てみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.25

週刊誌,印刷部数栄枯盛衰

一般社団法人 日本雑誌協会が公表している印刷証明付発行部数のデータを見ている。

印刷部数≠販売部数だが,売れ行きが悪ければ印刷部数も減るわけで,それぞれの雑誌の売れ行きが推定できる。

週刊誌の2008年第2四半期(2Q: 4月~6月),2013年第2四半期,2018年第2四半期の印刷証明付発行部数データをグラフ化してみたのだが,このグラフからは各誌の栄枯盛衰が見えてくる。

Weekly

どの雑誌も,年々印刷部数の減少が続いているのだが,AERA,週刊朝日,週刊プレイボーイ,週刊大衆はこの10年間で印刷部数が半分以下になってしまった。SPA!の2018年2Qの印刷部数は,かろうじて2008年2Qの49%減に留まっている。

週刊現代と週刊文春は良く健闘している。10年間で20%しか部数を減らしていない。これらに次いで健闘しているのが週刊ポストだ。10年間で30%減。

週刊文春と並ぶ週刊誌界の雄,週刊新潮が苦戦している。10年間で41%減だ。この勢いだと,まもなく週刊現代に敗れる。

このグラフの下の方に読売ウィークリーというのがちらりと見えるが,これは2008年12月に休刊した。あらたにNewsweek日本版が統計データとして登場しているが,これも大苦戦中だ。5年間で3分の2に落ち込んでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.21

板倉聖宣『白菜のなぞ』:高度な知識を楽しくわかりやすく

板倉・塚本・宮地による『たのしい知の技術』(仮説社,2001年)を読んでいたら,同社から出ている他の本も読みたくなったので,板倉聖宣『白菜のなぞ』(仮説社 やまねこ文庫,1994年)を取り寄せて読んでみた。

土橋とし子のイラストがいい味わいを出している。

さて,中身は……というと,凄くイイ!

身近な野菜である白菜にまつわるミステリーを,小学校高学年以上であれば理解できる,楽しくわかりやすい文章で解き明かしている。

まず驚くのが,白菜は清国の野菜であり,日本に伝来し,根付いたのは,明治維新以降だったということである。

そして,日本で栽培に成功するまでには大変な苦労があったということである。

なぜ,日本ではなかなか栽培に成功しなかったのか。それには,「種(しゅ)」と「品種」の概念が関係する。

「品種」もしくは「変種(亜種)」は,種が同じだが,形が性質が大きく異なるものを区別するための概念である。

ダイコンとカブは種が違う。だから交雑しない。

しかし,白菜とカブは品種が違うが,種は同じ。だから交雑する。

ついでに言うと,白菜とカブに加えて,アブラナはもまた同じ種で品種が違うだけ。いずれも「ブラッシカ・ラパ(Brassica rapa)」というアブラナ科アブラナ属の植物である。

日本では昔からカブやアブラナが栽培されてきた。そこへ新参者の白菜がやってくるとどうなるか?

もうだいたい結果の想像がついたと思う。

そういった環境で白菜が栽培できるようにするためにはどうしたらよいのか。農業関係者の悪戦苦闘ぶりが本書に記されている。


◆   ◆   ◆


本書は特徴ある書きぶりで,白菜の謎だけではなく,科学的思考とは何かということをも伝えている。

科学的思考の特色として「仮説検証」ということが挙げられる。まず,仮説を提示して,それを立証・反証していくということである。

本書の第1章では,白菜が明治維新以降に清国から伝来した野菜であることを資料によって示したうえで,なぜ,明治以前に白菜が栽培されていなかったのか,ということについて,

(1)昔の日本人は,中国や朝鮮(韓国)にハクサイがあることを知りもしなかったのでしょうか。

それとも,

(2)知ってはいても,昔の日本人はハクサイのようなものが好きではなかったので,取り入れようともしなかったのでしょうか。

それとも,

(3)ハクサイを取り入れたかったのに,いろいろな障害があって取り入れることができなかっただけなのでしょうか。

(本書19~20ページ)

とリサーチクエスチョン(仮説を疑問形で表したもの)を提示している。そして,このリサーチクエスチョンに答える形で話を進めていく。まさしく「仮説検証」プロセスそのもの。


◆   ◆   ◆


最後に。

やまねこ文庫の「やまねこ」とは,かつてガリレオ・ガリレイが活躍したイタリアの科学アカデミー「アッカデーミア・デイ・リンチェイ(Accademia dei Lincei)」,すなわち「山猫学会」に由来する。

本書の内容にふさわしいレーベルである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.20

「どうも」の多さが気になる…『東南アジア 多文明世界の発見』

石澤良昭『東南アジア 多文明世界の発見』を読み終えたところである。

カンボジア遺跡群の研究で名高い碩学泰斗による本。アンコール遺跡群の発見史,アンコール王朝時代の宇宙観,宗教観,政治経済状況,庶民の生活状況,美術の特徴などが詳細に記載されている。

とくに,先日の記事のタイトルに掲げた「アンコール遺跡群はなぜ大きいのか?」という疑問に対する明快な答えが書かれていて面白い。

あと,「アンコール」の語源がサンスクリット語の「ナガラ(都)」であることを初めて知った。そういえば,タイ語では街のことを「ナコーン」というが,これなどは「ナガラ」由来だということが明確にわかる。

さて,いいことづくめのように思える本書だが,記述に関してはちょっと難が無きにしも非ず。

老生が気になったのは「どうも」の多さである。目についたところを拾い集めてみる:

「例えば米作がどこでもみられ,どうも先史時代からそれなりに農耕文化が継承されていた。」(17ページ)
「カンボジアでは広大な耕作地の中に大小多数の溜池がある。<中略>どうも古くはジャワをモデルにしたらしい。」(116ページ)
(貯水池=バライについて)「どうも,占領した土地にクメール人を入植させることが目的でバライを造成していたらしい。」(122ページ)
(「燈明のある家」について)「どうも国内の幹線道路に沿って規則的に並んでいた宿駅のようなものだったらしい。」(123ページ)
「インドラヴァルマン1世(在位877~889年)は,出身地は地方であり,はっきりしないが,どうもシャンブプラ家系(メコン川流域のサンボール<クラチエ州>)とつながっていたと思われる。」(148ページ)
(ジャヤヴァルマン4世の即位儀礼について)「どうも世襲家系で地方へ分家した傍系家族があり,その王師でバラモンのイーシャーナムルティが執り行っていたらしい。」(151ページ)
(朝市の場所代について)「どうも市場が立つのは特別の日であり,その場所代としてた大量の米穀や大量の鉛などが奉納されたという。」(216ページ)
(宗教美術について)「どうも彫像のモデルがカンボジア人になっていたようである。」(249ページ)
「例えば仏教寺院時代のプリヤ・カーン碑文は,大きな石柱であるが,どうも意図的に地中に埋められていたとしか思えない。」(291ページ)

本書は一般書なので,口語っぽい書き方を心掛けたのかもしれない。しかし,「どうも」という言葉は根拠や理由がはっきりしない気持ちを表す副詞なので,使わないほうが良いと思う。「どうも」という言葉を文中から除いても,文意は通る。除けた方が文章が締まって良い。


◆   ◆   ◆


しつこいようだが,もう一つ,気になった表現がある。

作文技術の本を読むと「事実と意見を分けなさい」あるいは「事実と感想を分けなさい」ということが書いてある。ようするに事実の描写と思っていることの記述は明確に分けて書かないといけないというわけである。

それが,本書では時々ごっちゃになっていることがある。

例えば,アンコール・トム内で発見された,14世紀ごろのものと思われる上座仏教テラスに関する説明でこういう文章がある:

「これらの仏教テラスは,早ければシュリーンドラヴァルマン王以降から14世紀半ばごろまでアンコール都城内を占拠してたと思われる。この史実が正しいとするならば……」(298ページ)

「思われる」ことを「史実」と言ってしまうのはどうかと。「この仮説が正しいとするならば……」という文の方が適切だと思う。

ほかにも仏像破壊についてこんな記述がある:

「大量の仏像破壊は13世紀半ばごろ,ちょうどジャヤヴァルマン8世の治世の初期に行われたと推定される。王はシヴァ神の篤信者であった。王の命令が発せられ,過激派や同調するヨーガ行者により実行された。」(299ページ)

「推定」から「実行された」という断定に至っている。

また数ページ先にはこんな記述がある:

「今回の大量の廃仏の発見から判明した史実(仮説)は……」(302ページ)

史実と仮説を混同しているわけではなく,意識的に同じものとして扱っている。

一般書であっても,こういった記述の仕方は問題ではなかろうか?編集部は意見しなかったのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.18

リサーチメソドロジー

リサーチメソドロジー,つまり研究方法論というものを教えなくてはいけなくなったので,それに関する資料をまとめているところである。

単に研究方法(テクニック)を教えるだけでなく,そもそも研究とは何か,なぜ研究をする必要があるのか,ということも含めて教える必要がある。

ここで,参考にしているのが立場の違う2つの書籍である。

ひとつは,職業研究者を育てようという意図がある書籍,Ranjit Kumarによる"Research Methodology: A Step-by-Step Guide for Beginners" (SAGE, 2014)である。

人文社会科学系の研究初心者向けの書籍だが,理工系の研究者にとっても参考になることが多い。

そしてもう一つが,アマチュア研究者を応援しようという意図がある書籍,板倉・塚本・宮地による『たのしい知の技術』(仮説社,2001年)である。

アマチュアでもやり方次第で職業研究者なみの成果が得られる方法を伝えている。また,アマチュア研究の醍醐味として「究極の知的エンターテイメント」であることを伝えている。

残念ながら,『たのしい知の技術』は現在,品切れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«周作人とどう付き合うか