2018.04.25

ネパールの民族

ネパールは多民族国家で,125の民族/カーストが居住している。

National Planning Commission Secretariat, Central Bureau of Statisticsが発行している"National Population and Housing Census 2011 (National Report)" (November, 2012)によれば,民族/カーストの構成は次の図の通りである。

Nepalpop_2

チェトリ(Chhetree)およびバフン(Brahman - Hill)はパールバティ・ヒンドゥーと呼ばれる民族集団の中の上位カーストだが,両者合わせて人口の29%も占めている。

これらに続くのが,シナ・チベット語族のマガール(Magar),印欧語族インド語派のタルー(Tharu),シナ・チベット語族のタマン(Tamang),シナ・チベット語族のネワール(Newar)で,以上を合わせると人口の半数を超える。

首都があるカトマンズ盆地に長らく(3世紀以降)居住していたのがネワール族で,カトマンズ、パタン、バクタプルの歴史的建造物はネワール族によるものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.24

ネパール語で"this is a pen."と"how are you?"

英語で最初に習うのは"Hello."か"This is a pen."か。

まあ,"This is a pen."を使うことはまずない。だが,文法を学ぶためにはこの文がよく使われる。

ちなみに,ロシア語を学んだとき,最初に習ったのは

<<Это - ручка.>>

やはり"This is a pen."だった。

ネパール語ではどうかというと,こうなる:

Devanagari04

デーバナーガリー文字にだいぶ慣れてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.23

牡丹咲く

宇部市ときわ公園のぼたん苑では,牡丹の花が今を盛りと咲き誇っている。

Sdsc_1045

恥ずかしながら,今まで牡丹と芍薬の違いを知らなかった。
牡丹も芍薬もボタン科だが,

牡丹は

  • 木(木本)
  • 4月下旬から5月上旬が開花期
  • つぼみが尖っている
  • 葉につやがない

という特徴があるのに対して,

芍薬は

  • 草(草本)
  • 5月上旬から5月下旬が開花期
  • つぼみが丸い
  • 葉につやがある

という特徴がある。

牡丹にもいろいろな品種がある。

例えば,↓これは「左大臣」という:

Sdsc_1041

↓これは「島の輝き」という:

Sdsc_1042

↓これは濃い紫が美しい「烏ヶ仙(からすがさん)」:

Sdsc_1043

↓これは天上の白さ「天衣」:

Sdsc_1047

↓これは「ハイヌーン」。黄色に西洋のバラを感じたが,やはりアメリカ種フランス産とのこと:

Sdsc_1046


牡丹芳,牡丹芳

黄金蕊綻紅玉房


・・・・・・


花開花落二十日

一城之人皆若狂


・・・・・・


白居易

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.22

デーバナーガリー文字表と五十音図(その2)

今もなお,石井溥『基礎ネパール語』(大学書林)を開いて,デーバナーガリー文字の練習をしている最中である。

前の記事で述べたように,デーバーナーガリー文字の並び方と日本語の仮名の並び方との間には関係がある。

前の記事では母音「あいうえお」の順番について述べたが,本記事では「あかさたな」の順番について触れる。

母音字のトップ,/a/を表すデーバナーガリー文字と,子音字を表すデーバナーガリー文字を辞書の順番に並べる。

そして,日本語に無い発音のデーバナーガリー文字を削ると,最終的には「あかさたなはまやらわ」によく似た文字の列が残る。

Devanagari3_2

「さ」にあたるデーバナーガリー文字が,「ちゃ」あるいは「つぁ」の発音になっているのはご愛敬。

これで,並び方の上では,日本語の仮名とデーバナーガリー文字がサンスクリット文字を親とする兄弟であることがわかる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.20

デーバナーガリー文字表と五十音図(その1)

石井溥『基礎ネパール語』(大学書林)を紐解きながら,デーバナーガリー文字の練習をしているわけである。

デーバーナーガリー文字の並び方と日本語の仮名の五十音図との関係が見えてきて面白い。

まず,母音であるが,日本語では「あいうえお」が母音とされる。

そして,デーバナーガリー文字では伝統的に母音の仲間とされる /ri/ /rii/ /li/ /lii/の4文字も含めて,14文字が母音字とされている。

そして,デーバナーガリー文字の母音のうち,日本語の仮名では母音とされないものや一文字で表さないものを削って並べ治すと・・・

Devanagari

このように「あいうえお」となる。

実は,五十音表の仮名の順番は古代インド音声学の成果に基づいているのでこうなるのである。

言語学の基礎」というウェブページで解説されている(「五十音図の謎」)のだが,要するに,

古代インド音声学→サンスクリット文字の配列→仏教伝来→五十音表の成立

という仏教受容の歴史的な流れの中で日本語の五十音図ができたのである。

一方,インドでは,

サンスクリット文字→デーバナーガリー文字

というようにデーバナーガリー文字がサンスクリット文字に取って代わった際に,並び順が継承された。

では,「あかさたな」の方はどうか? これについては次回説明する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.19

デーバナーガリー文字の勉強

仕事の都合上,ネパール語を独習している。

やはり,こういう場合は定番の「大学書林」である。

石井溥『基礎ネパール語』(大学書林)を紐解き,まずはデーバナーガリー文字の練習から開始。

とりあえず,母音は覚えた。

「アイウ」の文字はこんな感じ:

Devanagari

少しずつ読み書きできるようになると楽しい。

ネット上にはデーバナーガリー文字の書き方をまとめたサイトもあって,これも役に立つ:

参考記事: デーバナーガリー文字のかきかた」(タ メタ タ ポーネーティカ)

あと,デーバナーガリー文字をパソコンで打ちたかったら,このサイトが役に立つ:

"Devanagari Keyboard Online" (LEXILOGOS)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.18

共和党員の母,バーバラ・ブッシュ逝く 92歳

GOPこと共和党の母,ジョージ・H・W・ブッシュの妻であり,ジョージ・W・ブッシュの母であったバーバラ・ブッシュが92歳で亡くなったとのニュース:

Barbara Bush, Republican matriarch and former first lady, dies at 92 (by John Crawley and Jamie Gangel, CNN, April 18, 2018)

ブッシュ(父),ブッシュ(子)両大統領については毀誉褒貶あろうかと思うが,バーバラに対しては好意的な印象を持つ人が多かろうと思う。

白髪。パールのアクセサリー。親しみやすい性格。鷹揚な物言い(ただし,失言も多かった)。

識字,教育こそが貧困を無くすという考えの下,リテラシーの向上に努めた。HIV感染者や白血病患者への支援にも積極的だった。

彼女が1990年にWellesley Collegeで行ったスピーチはアメリカのベストスピーチ100の45位に選ばれている(参考)。

"And who knows? Somewhere out in this audience may even be someone who will one day follow in my footsteps, and preside over the White House as the President's spouse - and I wish him well."

という一節は有名。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.17

スパークリング獺祭を飲む

「純米大吟醸スパークリング50 獺祭 (Sparkling 50)」を飲んだ。

お馴染み「獺祭」(旭酒造)の派生商品である。

アルコール分14度,精米歩合50%。

Dsc_1042

この酒,面白いのは,上澄みの辛い部分と,底の方の滓(おり)の溜まった甘い部分との味のグラデーションが楽しめるところ。純米酒から乳酸飲料に変化するように感じられる。

甘いとは言っても,以前に飲んだ「スパークリング雁木」(参照)の方が甘くてまろやかである。

最近はこういう和製シャンパンとでもいうべきものが増えてきて面白い。

日本酒好きには邪道と呼ばれるかもしれないが,「変っていくのが日本酒の伝統」(by 旭酒造・桜井博志会長)であるから,スパークリング清酒はアリ,である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ウォン・カーウァイ『欲望の翼』 | 王家衛『阿飛正傳』を観てきた