2017.04.23

井出穣治『フィリピン -急成長する若き「大国」』

フィリピンはASEAN諸国の中で最も日本に近く,また人口1億人を超える大国として存在感を強めつつある。

井出穣治『フィリピン -急成長する若き「大国」』(中公新書)は,「アジアの病人」扱いだったフィリピンが,今や「アジアの希望の星」に変貌しつつあることを教えてくれる。

フィリピンとこれからどのような関係を築いて行くのか,それが日本の将来を左右することになりそうだ。


本書の中核となるのは,フィリピン経済の可能性についての議論であり,第1章から第5章までが費やされている。

日本,NIES諸国,タイ,インドネシア,マレーシアといった国々は製造業が主導する形で経済発展を遂げてきた。

しかし,本書が紹介するように,フィリピンは製造業の発展を経ずに,いきなりサービス業が主導するという全く異なる発展ルートをたどっている。

ちょうど世界規模でグローバル化やICT化が進展するタイミングだったこともあり,BPO(バック・オフィス・アウトソーシング)を軸としてフィリピンのサービス業は急成長した。

BPOとは,コールセンター,ソフトウェア開発,文書処理といった企業の業務プロセスの一部を外部委託することである。

本書ではフィリピンにおけるBPO発展の一例として,米国などのコールセンター業務の委託先として,訛りのきついインドよりも,癖のない英語を話すフィリピンが好まれることが紹介されている。

このように,サービス業が牽引する形でフィリピン経済は急成長しているわけだが,問題が無いわけではない。

貧富の差,汚職の蔓延,犯罪の多さなど,解決しなければならない社会・経済の問題が山積している。これらに加え,遅々として進まない農地改革,脆弱なインフラ,未発達の製造業といった問題も挙げられる。これらの問題はフィリピンの経済成長にとってのボトルネックとなっている。

これらの問題のうち,犯罪の多さに対するフィリピン国民の危機感が生んだのが,ドゥテルテ大統領である。

マスメディアではドゥテルテ大統領の暴言や強権的手法ばかりが取り上げられる。しかし,ドゥテルテの経済政策はアキノ前政権のそれを継承しており,税制改革とインフラ投資が進めば,フィリピン経済は飛躍を遂げる可能性がある。


◆   ◆   ◆


日本は輸出入合わせた総額ではフィリピンにとって最大の貿易相手国であるが,そのことを認識している人は多くない。

また,かつての太平洋戦争においてフィリピンは戦場となり,日米の兵士だけでなく,多くのフィリピン人が犠牲となったことは忘れられがちである。

このように現在から過去にいたる,日本人が忘れがちな,日比関係について論じているのが,本書の最終章「地政学で見るフィリピン,そして日本」である。

太平洋戦争で莫大な犠牲が払われたにもかかわらず,なぜ,戦後,日本とフィリピンがうまく和解できたのか,それを知るためにも最終章は必読。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.20

「キネマ旬報」4月下旬号は"神"号:鈴木清順追悼,そして「ゴースト・イン・ザ・シェル」

「キネマ旬報」2017年4月下旬号を読んでいるんだけど,これは小生にとっての"神"号だと思う。

巻頭特集の「追悼・映画監督 鈴木清順 世界は一瞬のうちに変貌する」は,清順の作品世界,映画製作のテクニック,個人的なエピソードがコンパクトにまとまっていて非常にうれしい企画だ。

今年の初めに「『野良猫ロック ワイルドジャンボ』と『ツィゴイネルワイゼン』を見てきた」(2017年1月9日)という記事を書いた。

そのときは,俳優としての藤田敏八に注目して『ツィゴイネルワイゼン』に関する短い文章を書いたのだが,そのひと月後の2月13日に93歳で清順は逝った。なんか軽い奇縁を感じた。

巻頭特集に続くのが「『ゴースト・イン・ザ・シェル』とANIMEの魂」という特集記事。スカーレット・ヨハンソンではなく,ジョハンソンと書くのがキネ旬らしくて良い。

インタビューに対してスカーレットはこう語っている:

「すべての『攻殻機動隊』シリーズに対し,私たちが込めた思いを評価してほしい。
この映画は,オリジナルへのラブレターみたいな作品なの。」(52ページ)

この思いは少なくとも押井守には伝わっている:

「僕はわりと気に入ったというか,20年前のアニメでやりたかったことにかなり近い。
もしかしたら自分がかつて妄想した映画に一番近いかもしれない。」(57ページ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.19

直虎面白いよ,直虎

おんな城主直虎」をずっと見ている。

3月26日放映の第12回「おんな城主直虎」の回はカトマンズ出張中で見られなかったが,それ以外は一応全部見た。

視聴率が低いという話で心配だったのだが,ハッシュタグ「#おんな城主直虎」を覗いてみると,えらく盛り上がっているので,なんか安心した。

こんなにも詳細に国人領主の悲哀を描いたドラマはなかったと思う。

いや,あったか。「毛利元就」とか。真田氏も国人領主だったが,あれは異常。

いずれにせよ,国人領主は大名と領民の板挟みになって大変。小生の先祖は遠州の百姓だもんで,直虎様のご苦労は,ハアわかるだよ。

4月16日放映の第15回「おんな城主 対 おんな大名」は神回。

中野直之のツンデレ&無双,小野但馬守政次の報われぬ思い,龍潭寺警備保障の安定のクオリティ,寿桂尼の威厳,そして,直虎の男装の麗人っぷり。

これまでちょっとダラダラした感じだった「直虎」が一気に引き締まった。


◆   ◆   ◆


ところで,この後見人争い&徳政令騒動はいつ頃の話なんだろう?

以前紹介した,小和田哲男『井伊直虎 戦国井伊一族と東国動乱史』を紐解いてみる。

井伊直虎 (歴史新書y)井伊直虎 (歴史新書y)
小和田 哲男

洋泉社 2016-09-03
売り上げランキング : 8497

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

同書152頁から153頁によれば,次郎法師が井伊氏の家督としてふるまい始めたことがはっきりわかるのは,永禄8(1565)年9月15日付けの「龍潭寺寄進状之事」という資料からだという。

ということは虎松(後の直政)の後見人として認められたのは永禄8年より前ということになる。

徳政令騒動の方はというと,同書164頁から167頁に,永禄9(1566)年に今川氏真が井伊谷祝田(いいのや・ほうだ)に徳政令を出したこと,そして,次郎法師と銭主・瀬戸方久が結託して徳政令を凍結したらしいこと(「瀬戸文書」)が,述べられている。

ちなみにこの「瀬戸文書」からわかるように,ムロツヨシ演ずる瀬戸方久は実在の人物である。

ということで,後見人争い&徳政令騒動は永禄8(1565)年~9(1566)年頃の話である。

次郎法師(直虎)は天文5(1536)年ごろの生まれだと推定されており,これをもとに計算すると,次郎法師30歳の折の出来事,ということになる。

ちなみに,小和田哲男『井伊直虎 戦国井伊一族と東国動乱史』167頁を読むと,次郎法師と方久は徳政令を一時凍結したものの,永禄11(1568)年10月には,今川氏の圧力によって井伊谷に徳政が実施されたとのことである。

このあたりのことはドラマでは描かれるのだろうか? まあ,永禄11年12月には武田氏が今川領に侵攻するので,それどころではなくなるわけだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.13

『ゴースト・イン・ザ・シェル』が公開されたわけで

予想通り,賛否両論。

アニメ(1995年公開押井守版)の正しい実写化だ」「オリジナル(押井守版)には及ばない」「音楽はスティーブ・アオキのRemix版よりも川井憲次のオリジナルの方がいい」「ハリウッド版で盛り上がるニワカがうるさい」「ホワイトウォッシングだ」云々云々。

で,小生の見解であるが,ルパート・サンダース監督・スカーレット・ヨハンソン主演のハリウッド版『ゴースト・イン・ザ・シェル』は

「あり」「OK」「Good job」「支持」「肯定」

である。

前に「小説・漫画の映画化を擁護する」(2015年5月29日)という記事を書いたが,そこで紹介したアンドレ・バザンの意見と同様に,この映画を肯定する。

アンドレ・バザンは「不純な映画のために」(『映画とは何か(上)』所収)という論考の中で,文学の映画化を擁護した。

その弁を踏まえれば,ハリウッド版『ゴースト・イン・ザ・シェル』についてこういうことができるだろう:

  • 士郎正宗の原作にせよ,押井守版にせよ(あと神山健治版にせよ),これまでの作品群に新たなファンをもたらすだろう
  • ハリウッド版があかんかったとしても,士郎正宗版や押井守版を評価する者たちにとっては,士郎正宗版や押井守版を害するものとはなりえない
  • 士郎正宗版や押井守版を知らない観客にとっては,ハリウッド版で満足するか,さらに士郎正宗版や押井守版に興味を持つか,二つに一つである

押井守版のファンであるルパート・サンダース監督やWETAのスタッフのこの作品にかける熱意を見る限り,これまでの「攻殻機動隊」作品群にはプラスの影響こそあれ,何も失うものはないと思う。


◆   ◆   ◆


映画音楽についても同様。

川井憲次のオリジナルが良いのは当然。

だが,スティーブ・アオキのRemixはオリジナルの凄さをさらに多くの人々に届けるのに成功していると思う。

どうでもいいけど,スティーブ・アオキはデヴォン青木の異母兄。あと,ライブ会場の皆さんは「アオキ」ではなく「エイ・オー・キー」と言ってますね。


ちなみに,下のUMF TVのインタビュー動画で語っているように,スティーブ・アオキにとって押井守版は,十代の時のお気に入りアニメであり,今回音楽を担当できたことを誇りに思っているとのこと。


◆   ◆   ◆


シロマサ先生のペン先から始まり,押井守,神山健治ら日本のクリエーターたちにリレーされていったバトンは,さらにルパート・サンダースらハリウッドのクリエーターたちに受け継がれた。

「漫画研究団体アトラス」からハリウッド。グレートジャーニーですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塚本邦雄の『清唱千首』

先日,一の坂川まで出かけて桜の花を見たわけだが,そのとき思い出そうとして思い出せなかった歌がいくつかある。

Sdsc_0798

まず,崇徳院。

朝夕に花待つころは思ひ寝の夢のうちにぞ咲きはじめける

平治の乱の10年前,31歳のときに崇徳院が詠んだ歌である。花が咲くのを今か今かと待っていたら,夢の中で先に咲き始めた―。

そして,源頼政。

くやしくも朝ゐる雲にはかられて花なき峯にわれは来にけり

山の上の雲を桜の花々かと見間違い,行ってみたら違った。悔しい。騙された―。

これらの歌はいまから15年前,塚本邦雄の『清唱千首』のページを繰りながら,選び出したお気に入りの歌である。お気に入りにもかかわらず忘れてしまったというのが,老いの始まり。

この本は,万葉の時代から安土・桃山時代までおよそ1000年の間の莫大な歌の中から,塚本邦雄が選び出した1000首をまとめたもの。

無人島に10冊だけ(1冊じゃ無理)持って行っていいと言われたら,多分これは10冊の中に入る。日本文化の精髄。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.09

一の坂川で観桜

今日は,山口市内にお出かけして,一の坂川の桜並木を見てきた。

Sdsc_0788

一の坂川は大内氏が山口を西の京として整備したとき,鴨川に見立てた川である。

都市河川としては珍しく,初夏にはゲンジボタルの乱舞が見られる川として名高い。

その一方で春には花の名所として知られているので,今日は結構な人出だった。

Sdsc_0794

曇り空だったものの,満開の桜は見事だった。

Sdsc_0797

Sdsc_0800

川のほとりには山頭火の句碑も立っていた:

Sdsc_0790

これは葉桜を読んだもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.06

中田考『イスラーム入門』を読む

テレビのニュースなどでイスラーム圏の話が出てきたときにすぐ参照できるように,リビングに置いているのが,これ:

中田考『イスラーム入門 文明の共存を考えるための99の扉』 (集英社新書)

小生,多少はイスラームについての知識があるかと思っていたが,この本を開いてみると,まだまだ。

著者はご存知の通り,ムスリムであり,日本におけるイスラム法学の第一人者。

ムハンマドの話に始まり,スンナ派,シーア派など各派の歴史,イスラームの信仰内容,イスラーム偉人伝,現在のイスラームにおける様々な運動(解放党とかギュレン運動とか),大川周明や井筒俊彦の業績等々,限られた紙数で,イスラームに関する古今東西の重要な概念が解説されている。

ちょっと残念なのが,最初から読まないとわからない記述が多いことである。途中から読んでも大丈夫な用語集とはなっていない。ちゃんと順番に読みましょう。

節によって著述の姿勢が違っているのが面白い。イスラム協力機構や不換紙幣に対しては批判的な論調で,著者の思想的立場が明確に表れている。

本書で紹介されていた井筒俊彦の言葉を繰り返すことになるが,古代においては中国文明と対峙し,近代においては西欧文明と対峙して自らの思想を鍛え上げていった我々日本人は,今度はイスラーム文明と対峙することによって,さらに自らを深化させていかなくてはならないのだろうな,と思った (それをやってきたのが,大川周明と井筒俊彦であり,それらに続くのが本書の著者であろう)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.05

ドゥワリカホテルでダルバート

ネパールの話。

119pxflag_of_nepal

カトマンズ(カトマンドゥ)滞在中,ネパール料理らしいものを食べようということで,ドゥワリカホテル (Dwarika's Hotel) でダルバート (dālbhāt) を食べた。

まず,これ(↓)がドゥワリカホテルの中庭。夜に撮影したのでうまく取れていないが,シックな建物:

Sdsc_0750

そして,これ(↓)がダルバートである:

Sdsc_0748

米飯を中心に,小皿のおかずが並んでいる。

ダルバートのダルとは豆スープ,バートとは米飯のことである。豆スープは写真右下にあるのがそれ。濃い味噌汁といった感じ。そして豆スープの上(奥)にチキン・カレーがある。

おかずのことを「タルカリ」というので,単にダルバートと呼ばず,ダルバート・タルカリと呼ぶこともある。

ダルバートは要するにワンプレート定食。家庭の味で,本来は安価に気軽に食べられるものだが,ドゥワリカホテルはお上品なホテルなので,1500円ほどした (^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ネパール旅行のためのガイドブック